Staff notes

A little new idea that I noticed while snuggling up to the inconvenience of clothes. Then, the staff of carewill will spell out specific surveys and details of their efforts every day.

#clothes

#024 無知の知

こんばんは、代表の笈沼です。 1か月ほど前から、ものづくりの工程のうち、デザインをひとまず終え、製造準備に入ってきました。 僕は、過去、JINSでコンタクトレンズの事業開発をしていたので、工場さんとのやりとり、工程管理、製造原価、仕入原価(下代)の構造、交渉や契約の進め方はそれなりに泥臭く経験をしました。当時、候補先となる海外の工場はほぼ全て見学し、対話、交渉をしました。3カ国で計15社くらいありました。英文契約書も一言一句チェックし、自分で手を入れました。 また、眼鏡事業では、僕の管掌はMDや調達部門ではないものの、経営管理において、製品別、部材別の原価率(為替で結構変わる)、在庫消化、欠品などの指標を毎週追いかけて、毎月それらを含む管理会計指標と月次PL、事業概況を取締役会で報告しておりました。従って、数字面でも比較的にSPAという業態を理解している方だと思います。 しかし、服という商品は、なかなか学びが多い商材だなと感じています。 僕はアパレル業界の新参者なので知ったかのように話せることは全くないのですが、、一つ言えることは、コンタクトレンズや眼鏡とは異なり、サプライチェーンが複雑です。製品の構成要素は、生地(色×素材×機能×重さでとんでもない数があります)と付属(ボタン、ファスナー、糸、ゴム)は多様ですし、それぞれに対して、メーカーはもちろんのこと、問屋や工場が分かれているケースも少なくありません。 工場は、生地の特性や得意とする縫製工程によって分かれます。大きくは、布帛とカットソー、その中でもニット(=メリヤス)に強い、特定の縫製技術があったり、自社で生地が作れる工場もあったり。事業形態も、縫製工程のみを主として行っている工場もあれば、ボタンの縫い付けだけをするところもありますし、上流で発注者に提案ができるパタンナーを抱えて製品の企画から関与していくOEMもあります。また、工場と発注者をつなぐ振り屋もいます。 さて、ケアウィルは、プロのパタンナーやファッション業界で経験が豊富なアドバイザーに協力いただいてはいるものの、僕を含むコアメンバーは、服作りのずぶの素人です(笑) ただ僕自身は、マネジメントとしては異なる業界でそれなりにタフな状況を乗り越えてきてきました。また、専門職として、M&Aアドバイザリーやコンサルティングの多くのプロジェクトに参画してきました。 幸いにも、それら経験から学んだことがあります。それは「学習と行動を続けていればビジネスの多くのことはいつか必ず分かるようになる」ということです。 特に、業界における言語(これは特に歴史が長い業界には独自の言葉が多い)と思考、オペレーションについては必ず答えがあるので、知識をインプットしながら、臆することなく(その時は鈍感力も大事)、その業界の方々と真正面から対話をしていけば、つまり、インプットしながらアウトプットをしていけば、ある時に"パッと" 視界が開ける瞬間があるのです。 例えば、以下はここ1か月で溜まってきた業界用語集の一部です。これもその瞬間にむけた一歩一歩の記録です。 郷に入りては郷に従え、、よりも、まず「知れ」。取引先の方には「すんません、素人なもんで、、それってどういう意味ですか?」と何度も聞いてしまい、本当にごめんなさい。僕らは「アパレル業界」全国模試で偏差値30ぐらいなんです(笑) ただし、それは ”まだ” そうである、というだけ。学習と行動さえ続ければ多くのことは必ず分かるようになる、僕らはそう信じています。だからその時までは(まぁ、その後もですけど..) 淡々と頭、足と耳を使って、インプットとアウトプットの汗をかき続けることが大切です。 また心持ちとして、挑戦の過程において無知であることは何ら恥ずかしいことではありません。事実、グローバルなコミュニケーションでは、質問をすることは「相手に関心を持っている」「議論に積極的に参加している」と受け取られ、大変歓迎されます(もちろん会話の中で良質な質問へ発展させていくことは大切ですが)。一方、質問をしなければ、その人は「理解した」とみなされます。 だから「なんとなくわかったふりをしている」ことの方が危険です。なぜなら、分かった気になって物事が進めば、自分が判断や交渉戦略を誤るリスクも高まります。また、前提が噛み合っていないまま相手との議論や交渉を進んでいけば、最初は良くとも、時間が経つにつれて両者の認識の相違は広がり、どこかで決定的な破談が起こります。 あと、分かる、ようになることは、目的ではなく過程です。その先のアウトカムを得るために必ず必要な工程です。逆に、アウトカムというメインディッシュをお腹鳴るぐらい妄想し、それを味わうことを楽しみにしていれば、前菜を美味しく食べられます。 僕らは異業種にいたからこそこの業界に可能性を見出しています。だから、まだ分からないことだらけでも、"パッと" 視界が開けたその先に革新が必ず訪れると僕らは信じています。これは毎度、僕には根拠はなく本能的なものなのですが、じりじりした先にそういう出来事が必ず待っている、ただそういうものなのです。 だから、40歳になっても心躍る挑戦ができること、そのために新しい「分らない」に出会える、新入社員みたいなフラッシュな気分になれる、ってとても幸せなことです。そういえば、以前に「くるたのしさ」と言う言葉について触れましたが、今、僕はサラリーマンではないですが、この感覚と全く同じです。 では、また!

#023 僕らの服は、結果であり、作品である

こんばんは、代表の笈沼です。 この仕事をしていると、病気や怪我を今、患われている方、これまで闘病をされてきた方、ご家族とともに終末を過ごされている方、大切な人を亡くされた経験がある方など、一言では表せない状況にいる方々との多くの出会いと、その後のやりとりがあります。 そのやりとりの中で、僕らはご本人やご家族のストーリーに引き寄せられ、背景にある事情を知り、さらに奥にある様々な心情に出会います。服を作ることが僕らの仕事ではあるのですが、多くの方々と接する中で、僕は、服はあくまで結果に過ぎない、と思うに至っています。 ご本人やご家族の痛みに誠実に寄り添う、でも、その痛みを理解するなんておこがましい。だから、お話に傾聴し、その過程から学び、想像力をもって対話を続ける。それが、僕らにできる最優先かつ最低限のことです。たとえ、「最低限のこと」で終わったとしても、それでいいじゃないか、と僕は思うのです。結果、服につながらなくとも、その出会いと対話は将来の服づくりに必ず活かされる、大切なアーカイブとなる。 以前の投稿でも触れましたが、僕らが扱うケア衣料は、華やかなものをより華やかにする服ではありません。身体が感じる、痛み、疲れ、けだるさ、こわばり、重さ、心にある、後悔、諦め、悔しさ、もどかしさ、恥ずかしさという、装飾美が起点にある多くの服とは全く対局にあることと向き合うことから僕らの服づくりが始まります。 でも、僕らは医師でも牧師でもありません。だから、それらを治療することも治癒することもできません。では、何をしているかと言えば、服によってユーザーの心情に寄り添うことに挑戦しているのだと思います。つまり「服の不自由」という共通のテーマのもと、デザイナー、パタンナー、看護師、介護士、ディレクター、工場が集い、それぞれの知見、思い、想像力を最大限に活かして僕らなりの答えを服に対して導き出すことで、寄り添う。 だから、僕らの服はモノというよりも作品、共同作品なのではないかと思うようになりました。まず、ユーザーがいて、その方の「服の不自由」を解消するというミッションのもと僕らは集い、ユーザーの課題を理解し、解決策として服を作る。不思議なことに、僕らが作るすべての服が同じ過程をたどります。必ず、人が起点であり、人と人との偶然の出会いがあり、必然的に共同作業が進められ、その結果、作品としての服が生まれる。 ですから、一つ一つの服が生まれたストーリーを丁寧に、誠実に、外へ伝えていく覚悟と責任が、服づくりに携わった僕らには当然にあります。それは、先にモノがあり、それをどう外へ伝えるか策を練るマーケティングとはどうも逆のように見えます。ブランドもあくまでその過程を経て結果として蓄積された無形資産であり、ブランディングという表現さえ、逆に思えます。 ケアウィルにとって服はあくまで結果であり、人が中心となって生み出された作品だと、僕はそう思い始めています。 それでは、また。

#031 オーダーメイドについて #01

こんばんは、代表の笈沼です。 今日は、服にどっぷりな1日でした。そこ一人一人のの顔があり、心があり、未来への思いがある、そんな気持ちよい日でした。 朝は、自宅からすぐ近くの某専門学校とご挨拶も兼ねた初回の打ち合わせがありまして。 ただあまりにも天気が良かったので、また超ご近所様なので、1時間早めに現地へ行き、毎週定例の坪田さんと1on1ミーティングを、オフィス街の青空の下でやりました。Google Meetをつないで。 公園のベンチに座っていると、目の前をスーツを着たビジネスパーソン達が早足に出勤していきます。 僕は、社会人になってから13年間はスーツを着て働いていました。金融機関に勤めていた時は、新丸ビルでかなりカッチリな格好で固めな仕事をしていました。最近だと、KDDIで働いている時には、本社に行くときは就業規則でスーツと決まっていました(ヒカリエ のオフィスはTシャツ、ジーパンでしたが) そんなことを思い出しつつ、 「もうスーツはしばらくはサヨナラ。次にピシッとスーツを着るのはいつになるだろう。会社が上場して鐘を慣らすときかな。」とか、勝手な妄想をしつつ、セブンのコーヒーをすすり、スマホからMeetをつないでからの、坪田さんとの青空1on1ミーティング。なんて気持ち良いこと。話も弾みます。 そして、その後の某専門学校との打ち合わせも、とても楽しい時間でした。僕らは日々、目の前のタスクをこなすことであっという間に毎日が終わってしまうのですが、それとは違った長期的な視点で、服と服づくりに携わる人たちの明るい未来を、業界横断的に一緒に議論し合うことは本当に楽しいです(工場の方々と話していても同じ感覚があります) さて、ここからが今日の一番のお仕事。 午後からは、ケアウィルの創業の原点でもある、オーダーメイドの服作りの下準備をします。 ーちなみに、ケアウィルが昨年末のクラウドファンディングで完売した服や2カ月後のローンチに向けて準備している服は、"マス向け" の服です。オーダーメイドの服ではありません。"マス向け"の服は、服を独力で脱ぎ着できる方向け(あっても要介護2ぐらいまで)一方、オーダーメイドは、脱ぎ着が独力では困難な方(その多くは要介護3-5か入院中で動作に制約が多い方) 、つまり、家族や介護・医療従事者による更衣介助を要する方を対象としています。 そして、このオーダーメイド。今でも変わらず、僕の母が服づくりをしています。 約2年前(会社設立の前)、オーダーメイドから僕と母の事業は始まりました。僕らケアウィルが大切にするクラフトマンシップの原点でもあります。 ただ、はっきり申し上げると、オーダーメイドはビジネスとしては儲かるかるものではありません。労働集約的で効率性も低いです。でも、僕のハートのありかを常に感じられる事業であり、今は難しいのですが、行く行くはオーダーメイドをきちんと独立した事業にしていきたいと思っています。それは社会的大義としても。 で、話はすこし逸れてしまいましたが、今日の午後からは、ご注文者様と服の仕様を最終確認し、母が服づくりに着手できるようになるまでの下準備を完了させる半日なのです。 まず僕は新宿での打ち合わせを終え、途中で食べ物をかっこんで駒込のオフィスへ。オフィスには母が既に到着していて、母が近くで買ったパンが机の上にずらり「あなたどれ食べるの?食べないで待っていたわ」と。あれ、俺、外で食べるって言ったじゃん、とか、、なんとか一悶着しているうちに、お客様との打ち合わせまであと10分しかありません。。 で、これは親子でよく似ているのですが、お腹がすいていると何も集中できない体質なもので。母は急いでパンをほうばります。むしゃむしゃ。 …で、トイレに行くだとか何だかんだで、予定より5分ほど遅れて僕のラップトップから急いで接続。注文いただいたお客とオンラインで打合せを開始します。 僕は、冒頭にご挨拶し、途中、論点を整理する程度の役割です。母がお客様へぐいぐい質問をしながら服のイメージを固めていきます。 こんな感じです。 こういう光景を見ていると、アナログとデジタル、この間にケアウィルの服作りの価値があると改めて感じます。母の会話は理路整然としていて、質問も的確。頭の中には明らかにアルゴリズムがある。あらかじめお客様からうかがっていた多くの情報をインプットに、また、今まで自分が作ってきた、着てきた、見てきた服と照合しながら、これから作る服を頭の中で具現化していきます。 上の写真を見ると、母は私がメールで送った情報をすべて手元の紙に書き写してあるんですね。その紙を見ながら、オンラインでお客様と話しています。デジタルからアナログを行ったり来たり。 今回のお客様は神奈川県にお住まいの方、介護施設にご入居されているお母様へ、普段、施設で着ているパジャマのような服ではなく、着て人と会える、昔のお母様に戻れる、そんな襟付きの服を作ってくれませんか、というオーダーでした。 オーダーメイド服には、注文をされる方一人一人、それぞれ異なる思いが込められています。そこには一つとして同じものはないストーリーがあります。ケアウィルの事業はマス向け服が柱ではあるものの(今後、さらにそれを加速させます)ケアウィルが、オーダーメイドをやり続ける理由の1つは、創業者である僕の心がお客様とのストーリーにいつも動かされるからです。 ちなみに、このお客様とは、オンラインで一度お話ししましたが、一度もお会いしたことはありません。ただ、ケアウィルは幸か不幸か、コロナ禍に設立された会社なので、フルオーダーメイドであっても、デジタルのやりとりのみで納品までを完結できます。コロナ渦では、当然ながら直接お会いして身体採寸を行うことも、高齢である母が移動をすることも難しい。ただそのお陰で、オンラインで全てを終えられる服作りのプロセスがケアウィルでは進化してきました。 その順序は、まず、多くのオーダー情報をウェブのフォームでお客様から予め入力してもらっています。これでオーダーメイドに必要な情報の約70%は取得できます。その後、初期的な不明点については、僕とお客様とで2、3回twitterのDMやLINEでやりとりすることで解消。最後に、お客様のデザインと生地に関するご要望、着用者様とそのご家族の人となりを知るために、お客様と作り手である母がオンラインで打ち合わせをします。 そして、その打ち合わせは無事終了。その後は、ホヤホヤの服のイメージを頭に残して、生地を選びに行きます。 ここから先はまた別の投稿でお伝えしますね、今日はここまで。ではまた!
#031 オーダーメイドについて #01