Staff notes

A little new idea that I noticed while snuggling up to the inconvenience of clothes. Then, the staff of carewill will spell out specific surveys and details of their efforts every day.

#coverage-article-participating

carewillのケア衣料のデザインで大事にしていることは”境目”を滲ませること〜長嶋りかこさんインタビュー 第3回〜

さまざまなメンバーに参画していただいているケア衣料ブランドcarewillの、参画メンバーの想いを詳しくお伝えする取材シリーズ、今回はcarewillにアートディレクター/グラフィックデザイナーとして携わっていただいている長嶋りかこさんにcarewillのVIや、長嶋さんご自身、Villageさんについてお話いただきました。 ※この記事は取材記事の第3回です。ここまでの第1回、第2回もお読みいただけますので、ぜひご覧ください。 長嶋りかこ氏 1980年生まれ。デザイン事務所village®代表、グラフィックデザイナー。アイデンティティデザイン、ウェブデザイン、ブックデザイン、空間構成、サイン計画など、グラフィックデザインを基軸とした活動を行う。 これまでの仕事に「札幌国際芸術祭”都市と自然”」(2014)、「東北ユースオーケストラ」(2016-)、「堂島ビエンナーレ」(2019)、ポーラ美術館のVI計画(2020)、廃棄生地のみを再利用した展示空間デザイン「DESCENTE BLANC exhibithion」(2018)、廃プラスチックボトルを再利用したテキスタイルデザイン「Scrap_CMYK」(2019)など。2021年度ヴェネチア・ビエンナーレでは国際建築展日本館にてデザインを担当。 https://www.rikako-nagashima.com ーーcarewillのVIを作っていただきました。こだわったポイントや、その背景について教えてください。 長嶋さん:当事者の動きやすさや着やすさを重視するcarewillのケア衣料は、当事者の“服の不自由“を解決するため適切に機能して“ワーク“することを目指していますから、VI計画を考えるにあたって、私たちはこの服の存在をまず「ワークウエア」であると解釈しました。 ロゴタイプをステンシル書体に仕立てているのは、ステンシルプレートが工業利用だけでなく、個人が自作で工夫して利用するようなものづくりの現場も想起させる存在であることからです。というのも、笈沼親子が家族の状況をきっかけに始めた服作りもそうですが、同じく家族の病痛にあわせ介助者が服を工夫して手作りするといった無数の”ホームケアラー”達の服作りには、クラフトマンシップが詰まっています。そのクラフトマンシップを、ステンシルに投影したかったためです。 ブランドカラーは、いわゆる福祉や医療・介護らしさを感じる色合い(水色やピンクや青など)ではなく、クラフト感とワーク感のある深緑色にしています。カラーリングだけでなく、ロゴタイプや様々なビジュアルにおいても福祉や医療・介護らしさを解釈し直すような視覚表現を心がけています。なぜならcarewillのケア衣料のデザインにおいて大事にしていることは、ケア衣料を必要としている人もそうでない人も着られる服であること。なので、そのことと同じように、カラーリングやロゴタイプや様々なビジュアルにおいて「当事者と当事者でない者」、「家と外(医療・介護施設など)」、「日常と非日常」などの”境目”を滲ませることを目指しています。 ーー長嶋さんは、なぜデザインに関わる仕事に携わることを決めたのですか。また、お仕事を通じて、実現したい世界はどんなものでしょうか。 長嶋さん:もともと絵が得意というだけで油絵科に進もうと思っていたのですが、いざ学び始めるとその空間から漂ってくる”感じ”が自分は向いてないと思って、即デザイン科を目指し始めたことから、あれよあれよと今に繋がっています。そんなもんなので大学時代には何を学べばいいのかすらわからない時期がほとんどでした。けれど自分で作品を作って行く中で、次第に”デザインはより良くする事である”という至極真っ当で普遍的な事には一応たどり着き、「より良くすることがデザインなのであれば、広告代理店に入れば目の前の課題に対して”より良くするにはどうしたらいいか”を考え実践しまくれるので、その筋力と考え方が身につけばその後独立した時にどんなデザインにも応用できるのではないか」と浅はかに考え、広告代理店に就職しました。しかし現実の仕事で自分がしてきたことは、自分が欲しくもない商品をより良く見せるための広告作りや、自分が食べたくもない商品をより良く見せるための広告作りで、果たして自分は何のためにデザインをしているのかと嫌気がさしてしまった。いかに売れるか、という快楽的な目的に向かってデザインをすることは自分には向いていないということが良く分かり、独立後は反動的に、お仕事をお受けするかどうかの判断の指針を徐々に設けるようになりました。最初の方に先述したように、環境/福祉/文化活動に視覚言語で寄与できるかどうかでお仕事を取捨選択するようになったんです。だから仕事を通じて実現したい世界はどんなものか、という質問に対しては、人々の痛み、自然環境の痛みが、デザインで「より良くなって痛みがなくなる」。そのために少しでも寄与したいと考えています。 ーーVillageさんについて教えてください。素晴らしいVIを定めてくださったり、時にメン バーのアイデアが拡散した際にアイデアを収斂させていくきっかけを提供したり、既存の価値観とは異なるアイデアを出してくださったりします。 また、打ち合わせ中に長嶋さんのお子さまのお迎えやお昼寝のケアなども、チームの方がフォローされているところもよく見かけました。チームで仕事をする、チームで成果を出す ことについて、長嶋さんが大切にしていることがあれば教えてください。 長嶋さん:うちの事務所は少人数です。デザイナーは私含めた3人と、デザイン以外の色々ができる河南の、合計4人。今よりも多くデザイナーを雇っていたこともありましたが、色々やってみて、私の能力でチームを動かせる人数は今の人数だということを実感しています。今より多い人数を雇っていた時期もありましたが、人が増えるほどに自分の「手」を動かすよりも「口」を動かす時間が多くなり、自分の場合はそれが空虚に感じてくることが分かりました。スタッフの卒業があり今の人数になった時、しっかり自分の「手」を動かしながらディレクションもするには今の人数がちょうど良いことを実感して、以来この人数をキープしています。 
今は子育て中なので私の時間がないため、以前のように依頼主側の急な変更や急な追加に対応しきれないのですが、それでも対応しようとすると他のスタッフや家族にしわ寄せがいってしまうため、そのような状況になってきたら、常に俯瞰してチームを見ている河南から”今のまま進んでも無理ですよ”とお達しが入ります。笑 かつての私はとにかく仕事に対して楽観的というか、「必ず良く出来るし!やればできるし!」とブルドーザーのように実行するのみの人間でしたが、それは現実を直視していない危うさがありました。今は現実的に家事育児で時間もない。だから私自身もだいぶ楽観せずに目の前の現実を捉えるようになりました。が、それでもつい気持ちだけ前のめりで前方不注意なブルドーザーになっているときは、河南からお達しをもらうので笑、素直に受け止め仕事のやり方や仕事の数を調整し、できるだけ心身ともに健やかに働けることを実践しています。 マザーテレサの名言に「世界平和のためにできること?家に帰って家族を愛してあげてください」というものがありますが、そうやって一番近くにいる事務所のスタッフの働く環境を健やかにすることが、仕事において大事なことなのかなと思っています。常に反省はたえませんが。 私一人でできることはたかが知れており、このチームだからできている事だらけです。例えばデザイナーの稲田のバックグラウンドは建築なので、彼は私の守備範囲外の能力を持っており、稲田とのタッグによって出来た空間系の仕事が沢山あります。浦田は3人のお子さんを持つシングルマザーなのですが、母業が初めてだらけの私は、彼女の細やかな気遣いと存在自体にとても救われています。河南は先述のように俯瞰してプロジェクトや事務所を見て、歪みに気づいては指摘し助けてくれ、そして私の息子のお世話を沢山助けてくれる、villageの「ライフセーバー」みたいな存在です。 そんなチームで成果をだすために大切にしていることは、その人がいるからできることをする、ということなんですが、それによって結果的に私も助けられています。そして、それぞれの得意なことを生かせるようにするというのは私自身にも言えることで、かつでは「やればできる」精神でなんでも挑んでいたのですが、妊娠以降は自分の体と時間の限界を体感し続けたことで、いい意味で諦めるようになりました。自分が何をできないかが分かってくると、逆に深度と新たなトライが生まれることも分かり、”制限による自由”というと矛盾していますが、そんなことを感じ始めています。 --------------------------------------------------------------------- Villageさんの「このチームだからこそできている事」、チームのメンバーの関係性がとても素敵ですね。現在(2021年7月)はcarewillのブランドサイトローンチに向け様々な準備や企画、制作を進めてくださっている長嶋さん。確かにその様子はブルドーザーのようで、いつも長嶋さんと一緒にやりとりをしてくださる河南さんは俯瞰的にプロジェクト全体をみてくださっています。そんなVillageさんが作るブランドサイトについても、また後日詳しくお話を伺いたいと思います。本日はどうもありがとうございました! 他の参画メンバーの記事もぜひご覧ください。
carewillのケア衣料のデザインで大事にしていることは”境目”を滲ませること〜長嶋りかこさんインタビュー 第3回〜

carewillは当事者達にとって、「同志」のような存在になる〜長嶋りかこさんインタビュー 第2回〜

さまざまなメンバーに参画していただいているケア衣料ブランドcarewillの、参画メンバーの想いを詳しくお伝えする取材シリーズ、今回はcarewillにアートディレクター/グラフィックデザイナーとして携わっていただいている長嶋りかこさんに実際にcarewillに関わっていただく中で、長嶋さん視点でみたときのcarewillの特色や、今後への期待についてお話いただきました。 ※こちらは取材記事の第2回です。第1回をまだお読みいただいていない方はぜひお読みください。 長嶋りかこ氏 1980年生まれ。デザイン事務所village®代表、グラフィックデザイナー。アイデンティティデザイン、ウェブデザイン、ブックデザイン、空間構成、サイン計画など、グラフィックデザインを基軸とした活動を行う。 これまでの仕事に「札幌国際芸術祭”都市と自然”」(2014)、「東北ユースオーケストラ」(2016-)、「堂島ビエンナーレ」(2019)、ポーラ美術館のVI計画(2020)、廃棄生地のみを再利用した展示空間デザイン「DESCENTE BLANC exhibithion」(2018)、廃プラスチックボトルを再利用したテキスタイルデザイン「Scrap_CMYK」(2019)など。2021年度ヴェネチア・ビエンナーレでは国際建築展日本館にてデザインを担当。 https://www.rikako-nagashima.com なぜ、ケア衣料、carewillのものづくりに関わることを決意されましたか。 長嶋さん:私は事務所を立ち上げてから、お仕事をお受けするかどうかの判断の指針を徐々に設けるようになり、現在は環境/福祉/文化活動にデザインで寄与できるかどうかを取捨選択の判断材料としています。なので、ただ「売れるため」とか、ただ「新しくするため」とか、ただ「話題になる」ためにデザインをするような仕事はお受けせず、依頼主の第一の目的が「環境のため」や「福祉のため」や「文化のため」である企業や団体のお仕事をお受けし、デザインで少しでも依頼主の役に立ちたいと考えています。自分が買いたくない商品には加担しない。自分が応援したくない企業や団体には加担しない。そう思うようになったのは、かつて務めていた広告代理店時代に沢山の後悔とやるせなさを経験したからです。 笈沼さんはどんな時でも志を語り、その志を確実にカタチにしようとしている人です。その志に私は共感しており、私もそんな社会を見たいと願って、carewillのものづくりに関わっています。 過去の仕事の中で、服や身につけるプロダクトに関わられたご経験を教えてください。 そのご経験と、carewillの服作りとの共通点や、異なる点などを教えてください。 長嶋さん:かつて自分で服をデザインして作ったことがあります。それは大量生産に対する疑問から生まれたものでした。ひとつ目は「シーズンをまたぐ服」。着方を変えることで服の形が変わり、シーズンをまたいで着ることが出来る服で、SS/AWと刹那的に作られるづけるファッション業界への疑問を服にしました。二つ目は、上下回転することで全く別の服となり服の寿命を伸ばせないか提案した服です。同じ服を長く着ることで訪れる”飽き”を回避できないかと試みたのもでした。どちらも大量生産大量消費に対する疑問から生まれたので、「社会に対しての疑問から産まれた」という意味ではcarewillと共通しているかもしれません。そういえば「着方」にフォーカスされている点も共通しています(今気づきました笑)。ただ大きく異なる点は、私の服づくりは単発で発信したメッセージであり、carewillのものづくりはメッセージを発信しながら、人々と輪を広げながら、継続してカタチにし続ける活動である、という点かと思います。carewillの活動は、ヨーゼフボイスの”社会彫刻”のようなものだとも感じています。そしてそれを実行できる強靭なタフさをcarewillに感じています。 特に服づくりのMTGに参加いただく中で、お気づきになられたこと、感想などを教えてください。 長嶋さん:それを着た人がどう感じるのか、という視点は常に持つ必要があると思っていました。それは着心地といったようなものではなく、倫理観のような視点です。例えば片麻痺の方には、片方の腕が動かないことを隠したい人もいれば隠さない人もいる、という前提に立った時に、この服のカタチはどちらの人も精神的な満足を得られるだろうか、ということを大事にしました。なのでやっていくうちに、機能を求めた結果それが服にとって積極的な特異のデザインになっている、というのが理想だなということが分かってきました。機能を徹底して追求しているけど単純に「服として選びたい」ものになっていれば成功なのではと。 当事者本人に「体が不自由だ」と思わせてしまうのは患部によってではなく社会によってなのではないかと思うのです。だから服を着るときに大変なのは体が不自由だからなのではなく「服が不自由」なのだと。それを解決する服になるにはどういうデザインが適切か、ということは常に気にしていました。 長嶋さんからみて、carewillの強み、特色は何だと思われますか。また、そう思われた理由を教えてください。 長嶋さん:種を蒔いて毎日のお世話を継続することの難しさを、タフさと切迫性で当然のように乗り越えていくのがcarewillだと思います。 世の中にそれを必要としている人がいなくても、これをしないといられない、というのがアーティストだと思うんですが、そういう意味で笈沼さんはアーティストみたいです。世の中を疑問視して、新たな視点を与えたり、気づきを与えたり、炭鉱のカナリアのように世に警鐘を鳴らしたり、土に種を蒔くような人。しかしその種に毎日水をあげて育てていく人がいないと花は咲かないし実はならない。carewillが凄いのは、土に種を蒔くだけでなく、毎日水をあげて世話をして花を咲かせてその実を成らせ、たくさんの困っている人に食べさせようとしていること。しかも日に日に、種を巻きお世話をする人の輪を広げながら。 carewillは問いを投げながら継続をデザインしている。これはかなりの強みだと思っています。 長嶋さんが、carewill、ケア衣料に期待してくださっていることは何でしょうか。将来、carewillは服の不自由をお持ちの方や、社会に対してどんな役割を持つとお考えでしょうか。 長嶋さん:ケア衣料によって、「着やすくなった」「自分で着られた」「服を着替えて出かける機会が増えた」「毎日が楽になった」など、当事者や介助者の毎日がより良いものになる手助けになってくれることを、当然まず第一に期待します。自分の意思で服を選び着る、ということの開放感は、授乳服を着る回数が減ってきた私ですら感じたことでしたから。たかが服、されど服。ファッションなんて有事の時に一番後回しになるようなものですが、そういったことにこそ人間の尊厳が潜んでいるんだろうなと感じます。 carewillは当事者達にとって、「同志」のような存在になるのではないかと思います。carewillを訪れる人は皆それぞれ大小様々な肉体的・精神的痛み、また後悔や悲しみを抱えていると思うのです。きっと孤独感に苛まれることもあるのだと思います。着られる服がないということは、社会の規格外、そんなマイノリティな自分は社会からケアされないのかと。だって、そんな気持ちに私もなりましたから。体力のありそうなブランドでも授乳服を作ってないので、”赤ちゃん、社会からいないことになってない?””育児中の母親もこの世からいないことになってない?”そんな怒りを覚えたこともありました。なので、苦悩をきっかけに授乳服ブランドを立ち上げた方のインタビューを読んだ時は、勝手に同志のような気持ちになりましたから。 社会の仕組みの問題である、だから持続可能な仕組みを作っていくというタフなcarewillですが、世の中には「食」「住」においても同じような問題があるのではないかと思うと、いずれ遠くの未来にはそう言った分野との掛け算が生まれていくことも勝手ながら期待します。ケアを必要とする人々と役立ちたい人々、それぞれがより良く生きるためのものづくりの場として、carewillは機能していくのではないでしょうか。 --------------------------------------------------------------------- 第2回では、長嶋さんから見たcarewillの特色や、将来への期待について伺いました。インタビュー第3回では、長嶋さんご自身や、Villageさんについて、そして長嶋さんが監修くださったcarewillのVIについてまとめています。そちらもどうぞご覧ください。
carewillは当事者達にとって、「同志」のような存在になる〜長嶋りかこさんインタビュー 第2回〜

carewillは当事者達にとって、「同志」のような存在になる〜長嶋りかこさんインタビュー 第2回〜 (1)

さまざまなメンバーに参画していただいているケア衣料ブランドcarewillの、参画メンバーの想いを詳しくお伝えする取材シリーズ、今回はcarewillにアートディレクター/グラフィックデザイナーとして携わっていただいている長嶋りかこさんに実際にcarewillに関わっていただく中で、長嶋さん視点でみたときのcarewillの特色や、今後への期待についてお話いただきました。 ※こちらは取材記事の第2回です。第1回をまだお読みいただいていない方はぜひお読みください。 長嶋りかこ氏 1980年生まれ。デザイン事務所village®代表、グラフィックデザイナー。アイデンティティデザイン、ウェブデザイン、ブックデザイン、空間構成、サイン計画など、グラフィックデザインを基軸とした活動を行う。 これまでの仕事に「札幌国際芸術祭”都市と自然”」(2014)、「東北ユースオーケストラ」(2016-)、「堂島ビエンナーレ」(2019)、ポーラ美術館のVI計画(2020)、廃棄生地のみを再利用した展示空間デザイン「DESCENTE BLANC exhibithion」(2018)、廃プラスチックボトルを再利用したテキスタイルデザイン「Scrap_CMYK」(2019)など。2021年度ヴェネチア・ビエンナーレでは国際建築展日本館にてデザインを担当。 https://www.rikako-nagashima.com なぜ、ケア衣料、carewillのものづくりに関わることを決意されましたか。 長嶋さん:私は事務所を立ち上げてから、お仕事をお受けするかどうかの判断の指針を徐々に設けるようになり、現在は環境/福祉/文化活動にデザインで寄与できるかどうかを取捨選択の判断材料としています。なので、ただ「売れるため」とか、ただ「新しくするため」とか、ただ「話題になる」ためにデザインをするような仕事はお受けせず、依頼主の第一の目的が「環境のため」や「福祉のため」や「文化のため」である企業や団体のお仕事をお受けし、デザインで少しでも依頼主の役に立ちたいと考えています。自分が買いたくない商品には加担しない。自分が応援したくない企業や団体には加担しない。そう思うようになったのは、かつて務めていた広告代理店時代に沢山の後悔とやるせなさを経験したからです。 笈沼さんはどんな時でも志を語り、その志を確実にカタチにしようとしている人です。その志に私は共感しており、私もそんな社会を見たいと願って、carewillのものづくりに関わっています。 過去の仕事の中で、服や身につけるプロダクトに関わられたご経験を教えてください。 そのご経験と、carewillの服作りとの共通点や、異なる点などを教えてください。 長嶋さん:かつて自分で服をデザインして作ったことがあります。それは大量生産に対する疑問から生まれたものでした。ひとつ目は「シーズンをまたぐ服」。着方を変えることで服の形が変わり、シーズンをまたいで着ることが出来る服で、SS/AWと刹那的に作られるづけるファッション業界への疑問を服にしました。二つ目は、上下回転することで全く別の服となり服の寿命を伸ばせないか提案した服です。同じ服を長く着ることで訪れる”飽き”を回避できないかと試みたのもでした。どちらも大量生産大量消費に対する疑問から生まれたので、「社会に対しての疑問から産まれた」という意味ではcarewillと共通しているかもしれません。そういえば「着方」にフォーカスされている点も共通しています(今気づきました笑)。ただ大きく異なる点は、私の服づくりは単発で発信したメッセージであり、carewillのものづくりはメッセージを発信しながら、人々と輪を広げながら、継続してカタチにし続ける活動である、という点かと思います。carewillの活動は、ヨーゼフボイスの”社会彫刻”のようなものだとも感じています。そしてそれを実行できる強靭なタフさをcarewillに感じています。 特に服づくりのMTGに参加いただく中で、お気づきになられたこと、感想などを教えてください。 長嶋さん:それを着た人がどう感じるのか、という視点は常に持つ必要があると思っていました。それは着心地といったようなものではなく、倫理観のような視点です。例えば片麻痺の方には、片方の腕が動かないことを隠したい人もいれば隠さない人もいる、という前提に立った時に、この服のカタチはどちらの人も精神的な満足を得られるだろうか、ということを大事にしました。なのでやっていくうちに、機能を求めた結果それが服にとって積極的な特異のデザインになっている、というのが理想だなということが分かってきました。機能を徹底して追求しているけど単純に「服として選びたい」ものになっていれば成功なのではと。 当事者本人に「体が不自由だ」と思わせてしまうのは患部によってではなく社会によってなのではないかと思うのです。だから服を着るときに大変なのは体が不自由だからなのではなく「服が不自由」なのだと。それを解決する服になるにはどういうデザインが適切か、ということは常に気にしていました。 長嶋さんからみて、carewillの強み、特色は何だと思われますか。また、そう思われた理由を教えてください。 長嶋さん:種を蒔いて毎日のお世話を継続することの難しさを、タフさと切迫性で当然のように乗り越えていくのがcarewillだと思います。 世の中にそれを必要としている人がいなくても、これをしないといられない、というのがアーティストだと思うんですが、そういう意味で笈沼さんはアーティストみたいです。世の中を疑問視して、新たな視点を与えたり、気づきを与えたり、炭鉱のカナリアのように世に警鐘を鳴らしたり、土に種を蒔くような人。しかしその種に毎日水をあげて育てていく人がいないと花は咲かないし実はならない。carewillが凄いのは、土に種を蒔くだけでなく、毎日水をあげて世話をして花を咲かせてその実を成らせ、たくさんの困っている人に食べさせようとしていること。しかも日に日に、種を巻きお世話をする人の輪を広げながら。 carewillは問いを投げながら継続をデザインしている。これはかなりの強みだと思っています。 長嶋さんが、carewill、ケア衣料に期待してくださっていることは何でしょうか。将来、carewillは服の不自由をお持ちの方や、社会に対してどんな役割を持つとお考えでしょうか。 長嶋さん:ケア衣料によって、「着やすくなった」「自分で着られた」「服を着替えて出かける機会が増えた」「毎日が楽になった」など、当事者や介助者の毎日がより良いものになる手助けになってくれることを、当然まず第一に期待します。自分の意思で服を選び着る、ということの開放感は、授乳服を着る回数が減ってきた私ですら感じたことでしたから。たかが服、されど服。ファッションなんて有事の時に一番後回しになるようなものですが、そういったことにこそ人間の尊厳が潜んでいるんだろうなと感じます。 carewillは当事者達にとって、「同志」のような存在になるのではないかと思います。carewillを訪れる人は皆それぞれ大小様々な肉体的・精神的痛み、また後悔や悲しみを抱えていると思うのです。きっと孤独感に苛まれることもあるのだと思います。着られる服がないということは、社会の規格外、そんなマイノリティな自分は社会からケアされないのかと。だって、そんな気持ちに私もなりましたから。体力のありそうなブランドでも授乳服を作ってないので、”赤ちゃん、社会からいないことになってない?””育児中の母親もこの世からいないことになってない?”そんな怒りを覚えたこともありました。なので、苦悩をきっかけに授乳服ブランドを立ち上げた方のインタビューを読んだ時は、勝手に同志のような気持ちになりましたから。 社会の仕組みの問題である、だから持続可能な仕組みを作っていくというタフなcarewillですが、世の中には「食」「住」においても同じような問題があるのではないかと思うと、いずれ遠くの未来にはそう言った分野との掛け算が生まれていくことも勝手ながら期待します。ケアを必要とする人々と役立ちたい人々、それぞれがより良く生きるためのものづくりの場として、carewillは機能していくのではないでしょうか。 --------------------------------------------------------------------- 第2回では、長嶋さんから見たcarewillの特色や、将来への期待について伺いました。インタビュー第3回では、長嶋さんご自身や、Villageさんについて、そして長嶋さんが監修くださったcarewillのVIについてまとめています。そちらもどうぞご覧ください。
carewillは当事者達にとって、「同志」のような存在になる〜長嶋りかこさんインタビュー 第2回〜 (1)

人間関係もケア衣料も”自分から相手を分かろうとする”という姿勢が大切〜長嶋りかこさんインタビュー 第1回〜

さまざまなメンバーに参画していただいているケア衣料ブランドcarewillの、参画メンバーの想いを詳しくお伝えする取材シリーズ、今回はcarewillにアートディレクター/グラフィックデザイナーとして携わっていただいている長嶋りかこさんに、carewillに関わる以前に長嶋さんご自身が体験された服の不自由や、carewill参画のお話を伺いました。 長嶋りかこ氏 1980年生まれ。デザイン事務所village®代表、グラフィックデザイナー。アイデンティティデザイン、ウェブデザイン、ブックデザイン、空間構成、サイン計画など、グラフィックデザインを基軸とした活動を行う。 これまでの仕事に「札幌国際芸術祭”都市と自然”」(2014)、「東北ユースオーケストラ」(2016-)、「堂島ビエンナーレ」(2019)、ポーラ美術館のVI計画(2020)、廃棄生地のみを再利用した展示空間デザイン「DESCENTE BLANC exhibithion」(2018)、廃プラスチックボトルを再利用したテキスタイルデザイン「Scrap_CMYK」(2019)など。2021年度ヴェネチア・ビエンナーレでは国際建築展日本館にてデザインを担当。 https://www.rikako-nagashima.com carewillに関わる以前に、ケア衣料について考えたり、関わられたことはありますか。  長嶋さん:ケア衣料というものを考えたことは無く、関わったことも無かったです。ですが、それが必要であることはすぐに理解できました。というのも私の母は自分の親だけでなく父の両親も介護しながら、かつ福祉施設で働いていましたから、人を介助することがどれだけ大変なのかということは、病院で祖父母に泊まり込みで付き添う姿や、福祉施設から帰ってきた母から漂ってくる排泄物の匂いから感じていました。 ただ、私は本当の意味でその大変さを理解しているわけではなく、どれだけ想像してみたとしても母本人にはなり得ないことは紛れも無い事実です。だから実際に私が介護する立場にならないと分からないことだらけだと思います。例えば親の心子知らずと言いますけど、子どもを産んで育てるという事も、自分がその身になって初めて分かった、母の想いと大変さが沢山ありました。仕事との両立の過酷さ、育児のしんどさ、授乳の苦労、睡眠不足のつらさ、言い出せばきりが無いほどの全てが、予想外のことしかなく、母親の大変さを全く何もわかってなかったことが分かった、という感じでした。妊婦時代から始まり子供の成長に合わせて、都度新しい「知らなかった」が出てくるので、その都度自分の「母親」のことがやっと分かるのですから、きっと介護に関してもそうで、私は近くで母の大変さを感じていたと言えども、母の大変さを本当の意味では何も分かっていないんです。 ただその時に、「こっちだって色々大変だし本人になれるわけじゃ無いしそんな私を分かってよ」ではなく、いつでもどこでも”私から相手を分かろうとする”という姿勢が大切なんだと思います。これはすべての人間関係に言えることだと思っているし、ケア衣料というものも考える上でもその姿勢が必要だと思っています。 ご自身は、服の不自由を感じるご経験をされたことがありますか。どんなときでしょうか。そのとき、どう対応されましたか。 長嶋さん:産後1年ほど、授乳というものに本当に困っていました。まず産後すぐに赤ちゃんが乳頭混乱を起こし、その克服までに3ヶ月かかり、やっと普通の授乳ができるようになったのは4ヶ月目くらいだった、という想定外の困難がありました。(乳頭混乱のハードな日々は検索すると様々な人の体験記が出てくると思います笑)そしてやっと授乳が母子ともに板につき外出先での授乳が可能になってからは、息子の授乳の回数が超頻回だったため、とにかくいつでもどこでもすぐに授乳できるようにする必要がありました。赤ちゃんはいつどこで授乳したがるか分からないので、いちいち授乳室を探していたら大号泣が長引くのみ、だから何処にいてもさっと授乳が出来るよう、人に気付かれずに授乳できるような服が必要でした。授乳ケープの役割ができるくらいゆったりめの服を着れば、赤ちゃんをその服の中に入れてしまって授乳できるのですが、それが難なく(しかも恥ずかしげもなく)出来るようになったのはだいぶ慣れてきてからのことで、まだ慣れない時の私はいわゆる「授乳服」に随分助けられました。 ただ、生地感やデザイン性は全く好みではなく、”着たい服を着られない”という状況は、自分の意思や自分の存在をどんどん消していくような育児の日々をさらに助長しました。全ては赤ちゃんを生かし守るために、赤ちゃん主導の時間を生きているから仕方がないと言えばそうなのだけど、そのストレスたるや。自分の選択や意思が最も優先度の低いものとなった、特に産後2年ほどは、透明な檻の中に閉じ込められているように感じるほど孤独でした。産後すぐに仕事を始めていたものの、事務所で育児をしながら仕事をしたので仕事をこなす時間はぐっと減り、スタッフと雑談をする暇もなく家と事務所の往復。「私」というものがどこにも放出できないストレスが常にありました。 それゆえか、会ったことの無い「母親たち」へ想いを馳せるように。授乳服の開発者の母親時代の苦悩のインタビューを読んだときは、育児への姿勢にも働く女性としての姿勢にも共感してまるで同志のような気持ちになりましたし、授乳服を必要としている母親たちが今この時も沢山いて、皆赤ちゃんを想いながらも過酷な時間を過ごしているんだよな、頑張れ私たち、、いや頑張りすぎないで私たち、、、つかなんで私たちだけこんな想いを、、、、なんてことを、頻回授乳の睡眠不足でヘロヘロになりつつ息子を抱えて、怒りと悲しみと息子への愛の混じった涙を流す日々なのでした。 ちなみに授乳服という存在がなかったときの母親達はそれこそ人目に晒されながら授乳をするか、ケープのような布で隠して授乳をするか、泣き続ける赤ちゃんをだきながら死角を探して隠れて授乳するか、そんなところだと思います。が、働く女性が増えていく事で”いつでもどこでも周囲に気付かれず”授乳を行うための機能を服にもたらす必要性を感じ、当事者本人の問題意識から授乳服ができたので、成り立ちはcarewillのケア衣料ととても近いですよね。 昨年10月に初めて笈沼さんと会い、そこから半年以上、carewillに伴走していただいています。印象的だったエピソードを教えてください。 長嶋さん:一番最初に笈沼さんから、事業の話よりも手前の、ご自身とご家族の体験とその後悔などのお話を伺ったときは、思わず涙が出ました。「両親の老い」は誰しも通る道であるがゆえに、自分のことのように話が入ってきましたし、自分の祖父母が病院や施設で痛ましい姿だった時のことが思い出され、その時に自分が何もできず本当に悔しかったことも重なりました。 笈沼さんがお父さんの死後にお母さんと初めたオーダーメイドの活動やcarewillの事業の展望の視野の広さからは、いかに笈沼さんが深く傷つき悔しい思いをしたのかを感じました。だから、家族による温かいプロジェクト、というよりも、根っこにはとても切迫した感情が詰まっているプロジェクトであると捉えています。 最初の頃に笈沼さんから見せていただいた手書きの”青図”が今もずっと頭の中にあります。その図では、笈沼さんの問題意識は服という物性にとどまっておらず、社会の仕組みそのものに向けられ、どうしたら高齢者やケアが必要な人々の尊厳を守り人々の人生をより良くする仕組みが作れるのかが描かれていました。半年以上経ち日々プロジェクトが進行していくなかで、目の前のカタチは大小目まぐるしく変化をしていきますが、その地図の存在は、現在地において志のブレがないかを確認できるような存在でもあります。 --------------------------------------------------------------------- インタビュー第1弾では、長嶋りかこさんご自身が以前感じられた服の不自由についてや、carewill代表の笈沼と出会った当初の印象的なエピソードを伺いました。第2回では、実際に伴走いただく中で、長嶋さんから見たcarewillの特色や、将来への期待についてお話を伺っていきます。そちらもどうぞご覧ください。
人間関係もケア衣料も”自分から相手を分かろうとする”という姿勢が大切〜長嶋りかこさんインタビュー 第1回〜