Staff notes

A little new idea that I noticed while snuggling up to the inconvenience of clothes. Then, the staff of carewill will spell out specific surveys and details of their efforts every day.

#good-design-award

#044 ステークホルダーの皆様へ

こんにちは、笈沼です。 今月はかくかくしかじかで代表の僕みずからが広報担当ですので自由演技でございます。来月以降は強力な布陣で行きます。 さて「ステークホルダーの皆様」へのメールについて。 ケアウィルでは毎月、僕の過去のつながりと取引先など主に法人の関係者宛にメールとプレスリリースをお送りしています。今回は、僕が広報担当ですから久々にみずからで書きました。 創業1年間は、僕みずからがメールを書いていたのでそのころを思い出して書きました。これって、上場企業でいえばお客様や投資家、取引先含むステークホルダー宛のメールと同じですよね。書きながらむしろ楽しくなりました。 よく考えたらnoteでそのまま共有してよい内容じゃないか、と今さらながら気づきまして。 そんなわけで、いかにペタッと貼ります(今日はそれだけですいません) ------ ケアウィルを応援くださっている皆様 平素は大変お世話になります。株式会社ケアウィル・笈沼です。 今月だけ一時的に広報担当不在となりまして代表みずからが広報担当です(不手際ございましたらどうぞご遠慮なく叱ってください(笑)) さて3つニュースをご案内させてください。 ------------------------------------------------------------ 1.グッドデザイン賞を受賞しました 2.モード学園で授業を開始しました 3.クラファン終了まであと10日です ------------------------------------------------------------ ここから詳細です。 まず、公式SNSでは速報でお伝えいたしましたが、ち昨日、当社の「アームスリングケープ」がこのたび2021年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。 ▼ケア衣料ブランド ケアウィルの「アームスリングケープ」が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞 ケア衣料ブランド ケアウィルの「アームスリングケープ」が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞 株式会社ケアウィルのプレスリリース(2021年10月21日 10時07分)ケア衣料ブランド ケアウィルの[アームスリングケ prtimes.jp ※同内容のPDFも添付いたします。 2021.10.21 ケア衣料 ケアウィル PR.pdf 2903929 Bytesファイルダウンロード これは、当社アームスリングケープが、補助具である「三角巾」の機能を保持しながらもその装用にともなう不自由を服との一体化によって解消し、日常をポジティブに楽しむための新たな衣料品のデザインを生み出した結果、高く評価されたものです。 当社では今回の受賞を契機にアームスリングケープの販売拡大を図るとともに、製品・サービスのデザインを追求し、当社ミッションである「服の不自由の解消」を実現する新たな価値の創造に務めてまいります。 次に、「ケア衣料」の啓蒙およびデザインの多様性を広げるために東京モード学園と産学連携協定を締結し「ケア衣料」に関する講義を開始しました。 ▼note #038 東京モード学園で講義を行いました 最後に、クラウドファンディングが【あと10日】で終了です!皆様ぜひとも応援よろしくお願いいたします。 ▼「服の不自由を解決する」2つの新製品の量産化への挑戦 ▼note のクラウドファンディングについて ※10日前の投稿です、実際は【あと10日】です 今回のクラウドファンディングは服だけでなく寄付に近いリターンもご準備しています。2,500円、4,000円、6,000円の3つから選んでいただけます。 また、 幸いなことに「モノはいらない。ケアウィルの取り組みを純粋に応援したいから購入型ではなく寄付型がいい」という声も数名の経営者仲間から頂戴しました。たしかに寄付の方が節税対策には良いですよね。それについては別の機会を設けますのて今暫くお待ちください! 代表が書くと内容が盛りだくさんになってしまい一部の方にはうっとうしい文章かもしれませんが最後まで読んでくださりありがとうございます。 引き続き応援のほどどうぞよろしくお願いいたします。 -- 「なくしたい、服の不自由。」  株式会社ケアウィル / carewill, INC.  代表取締役 / CEO  笈沼 清紀 / Nori Oinuma  --  SNS:  tw @NoriOinuma / Fb @kiyonori oinuma / Lin @koinuma  Info:  プレスリリース  Makuake  ブランドサイト  note
#044 ステークホルダーの皆様へ

【速報】2021年度グッドデザイン賞を受賞しました!

こんにちは、ケアウィルです。 とってもとっても嬉しいニュースが舞い込んできました! ケアウィルの「アームスリングケープ」が、このたび2021年度グッドデザイン賞を受賞いたしました。昨年は受賞を逃しており今回は1年越しの悲願がかないました。 詳細はグッドデザイン賞のウェブサイトに掲載されています。 グッドデザイン賞の受賞対象製品 三角巾・衣料品 [ケアウィル] グッドデザイン賞の仕組みや、過去のすべての受賞対象が検索できる「グッドデザインファインダー」など、グッドデザイン賞に関する www.g-mark.org 以下、審査委員の評価も頂戴しております。 「普段補助として機能してきた物に目を向けてみると、まだまだ可能性がある。布を巻く三角巾は生活の知恵やサバイバルの世界でも最初に学ぶ補助方法だ。布を巻くと言う行為ほど可能性に満ちている物はない。最小限の素材から発想が湧く。その行為その物から次の「使い方」へと導いていく。応用的なデザインから新たな活用方法へと一体的な衣料品へと展開されている。これは新しいカテゴリーを生み出す可能性を秘めている。」 これは当社のアームスリングケープが、「三角巾」の装用にともなう不自由を解消しながらもポジティブに日常を楽しむための新しい衣料品として新たなデザインに取り組んだ結果が高く評価されたことと受け止めています。 「アームスリング」はクラウドファンディングにて発売中です。※製品以外の寄付に近いリターンもご準備しておりますのでぜひ応援ください! クラウドファンディング(Makuake) www.makuake.com 「服の不自由を解決する」2つの新製品の量産化への挑戦【ケアウィル】 carewill ーケアウィルスタートアップ応援購入する また、来月11月1日からはケアウィルブランドサイトより購入いただけるようになります。 ケアウィルブランドサイト プロダクト なくしたい、服の不自由。着やすさ、扱いやすさといった機能面はもちろんのこと、ケアを必要とする人が自ら選び、日々着る楽しみを www.carewill.co.jp 当社では今回の受賞を契機にアームスリングケープの販売拡大を図るとともに、製品・サービス開発におけるデザインの活用を積極的に推進し、服の不自由を解消する新たな価値の創造に務めてまいります。 引き続き、ケアウィルを応援よろしくお願いいたします!
【速報】2021年度グッドデザイン賞を受賞しました!

グッドデザイン賞ほしい

Photo by kosuketsubota ごきげんさまです。carewillMonday坪田です。 突然ですが、坪田には、とりたい賞があります。 基本的に、ウキウキしている人間なので、参加証的な「参加賞」をもらっても、喜ぶ人間ですが、とってみたい賞が3つあります。 イグノーベル賞 グッドデザイン賞 ピューリッツァー賞‎ 賞のレベルがバラバラだって? そんなの関係ないです。欲しいから仕方がないです。 真面目に不真面目なことを、ふまじめにマジメなことをするのが大好きな私はイグノーベル賞の展覧会に参加してから、心が奪われました。展示会から出た瞬間に下記【めざせイグ・ノーベル賞 傾向と対策 「世間を笑わせ、考えさせた」人に与えられる、それがイグ・ノーベル賞。】書籍を購入し、現在も机の大切な場所においてあります。 めざせイグ・ノーベル賞 傾向と対策 「世間を笑わせ、考えさせた」人に与えられる、それがイグ・ノーベル賞。 amzn.to628円(2021年04月21日 17:15時点 詳しくはこちら)Amazon.co.jpで購入する グッドデザイン賞は、取得した友人が何名かいて、うらやましくなって欲しくなりました。 そのため、ケア衣料プロジェクトcarewillがスタートして、わりとすぐに、ボスの笈沼さんに「グッドデザイン賞」が重要です。と言い続けました笑 2020年は、一次審査は突破したのですが、残念ながら二次審査で落選しました。 きぃーくやしい 2021年は、リベンジしていきます。リベンジにあたって、carewillは贅沢なメンバーが参画しています。 carewill®︎(ケアウィル)に、アートディレクター/グラフィックデザイナー 長嶋りかこ氏と、コーポレート・アドバイザー 藤本幸三氏が参画。 株式会社みんなで人生会議のプレスリリース(2021年3月31日 13時00分)carewill(R)︎(ケアウィル)に、アprtimes.jp 株式会社みんなで人生会議(本社:東京都豊島区、CEO:笈沼清紀、以降「みんなで人生会議」と表記)は、アートディレクター/グラフィックデザイナーに長嶋りかこ氏、コーポレート・アドバイザーに藤本幸三氏を迎え、4月1日よりケア衣料®︎ブランド”carewill®︎のプロジェクトに関するコミュニケーションを開始し、同時に参画パートナーを募集いたします。 長嶋りかこ アートディレクター/グラフィックデザイナー 1980年生まれ。デザイン事務所village®代表、グラフィックデザイナー。 アイデンティティデザイン、ウェブデザイン、ブックデザイン、空間構成、サイン計画など、グラフィックデザインを基軸とした活動を行う。 これまでの仕事に「札幌国際芸術祭”都市と自然”」(2014)、「東北ユースオーケストラ」(2016-)、「堂島ビエンナーレ」(2019)、ポーラ美術館のVI計画(2020)、廃棄生地のみを再利用した展示空間デザイン「DESCENTE BLANC exhibithion」(2018)、廃プラスチックボトルを再利用したテキスタイルデザイン「Scrap_CMYK」(2019)など。2021年度ヴェネチア・ビエンナーレでは国際建築展日本館にてデザインを担当。 https://rikako-nagashima.com 藤本幸三 コーポレート・アドバイザー/アーティスティック・ダイレクター 2001年〜2013年エルメスジャポン株式会社コミュニケーション・CRM担当執行役員 アーティスティック・ダイレクター 2013年〜2016年株式会社アニエス・ベージャパン代表取締役社長 2016〜ジンズ・ホールディングス顧問 ふふふ すごいでしょ でも、まだまだ、仲間集めは続きます。 参画パートナーも引き続き募集中です! 最後に、ピューリッツァー賞‎は、ひ孫まで自慢できそうな賞だから欲しいと思いました。全くこちらに関しては動いていなかったので、2021年4月に国際医療福祉大学大学院保健医療学医療福祉ジャーナリズム専攻に進学しました。 あきらめません。でも、いやぁ、ジャーナリズム奥が深い。
Photo by kosuketsubota