Staff notes

A little new idea that I noticed while snuggling up to the inconvenience of clothes. Then, the staff of carewill will spell out specific surveys and details of their efforts every day.

#エルメス

「人格」を持った洋服で「文化」を作る。carewillコーポレートアドバイザー藤本幸三氏インタビュー

今回も前回に引き続き、carewillにコーポレートアドバイザー、アーティスティック・ダイレクターとして携わっていただいている、藤本幸三さんがcarewillに携わって感じたことや、carewillが目指すべき未来について、お話を伺いました。 ※前回記事をまだお読みいただいていない方は、こちらからぜひお読みください。 藤本 幸三氏 carewill コーポレート・アドバイザー/アーティスティック・ダイレクター 2001年〜2013年エルメスジャポン株式会社コミュニケーション・CRM担当執行役員 アーティスティック・ダイレクター 2013年〜2016年株式会社アニエス・ベージャパン代表取締役社長 2016〜ジンズ・ホールディングス顧問 carewilの本質は「想い」にある ーーcarewillとケア衣料と携わり始めたときは、どのような想いで取り組んでいましたか。 藤本さん:最初はただただ、才能豊かなクリエイターと一緒に何かをつくっていくという想いでした。ビジネスとしても成立・発展させなきゃいけないという課題に取り組まなければなりません。 ーー藤本さんがcarewillに携わるようになり、2年ほどが過ぎていますが、2年も経つと変わりますよね。この2年を経て、carewillの本質は何だと考えていらっしゃいますか。 藤本さん:やはりなんと言っても代表の笈沼さんですね。そもそも笈沼さんがこの事業を始めるにあたっての、動機や流れがあって、エモーショナルな部分から始まっているんですけれど。それでいて、適宜いろんな方と接点を持っていくところが「さすがだな」と思いますね。自分たちの内々でできることと、客観性を持たないと知り得ないというところを、広がり感を持って着々とこなしているな、と思います。 ーーやはり、そこなんですね。 藤本さん:想いが市場の中できちっと認識されていくにはどうすればいいか。笈沼さんは、それを常に意識して頭の中に描いていると思います。そこをさらに表現として定着させ、「使命」として形にしていくような流れを作ることが求められます。 「おしゃれをすると、明るくなる」 ーー服のミーティングに参加をされていたり、ケア衣料を必要としている方々にヒアリングした結果を見聞きする中で、発見したことはありますか。 藤本さん:ケア衣料を必要としている方々って、日用着だったり、病院着だったり、外出着だったり、オケージョンと場所によって変わると思うんです。外に出て、思ったようにお洒落ができることが大切。最初につくったドレープのかかったプロトタイプのものとか、結構エレガントにできていると思っていて。 ーーそうですね。エレガントな仕上がりでした。 藤本さん:ファンクション中心に考慮されているけれど、原点として美しさを大切にしていく。そのような姿勢が、ケア衣料を着た方々が胸を張って外に出られるということにつながっていければいいなと思います。 ーーファンクションと美しさを両立させることが大事ですね。 藤本さん:おしゃれをすると明るくなるじゃないですか。ケア衣料をファンクションだけでおさめていくと、ちょっともったいないと思うんです。そういうカテゴリがきちっとあってもいいのかな、と。 ーー今回のプロトタイプは、carewillの重要なアイコンになるかもしれませんね。 藤本さん:一番最初のプロトタイプは、「原点」として、アイコンの一つになるかもしれませんね。「単にファンクションだけではないんだね」という印象は与えたいですし、そこに至ったストーリーも必要だと思います。アーカイブに出発の証として収めたいですねえ。 ーー今後はそういった発信が重要になりますね。 藤本さん:発信は、今後のプランニングで重要です。ただ、モノの本質よりも「ブランドを作る」という、そういうゴールを設けた上で事業展開しようとするのは避けるべきだと思います。本質を誠実にしっかり伝えていったほうがいいでしょうね。 本質を伝えられる、人格を持ったデザイン ーーcarewillのこれまでの動きを見て、気づいた点はありますか? 藤本さん:これまで僕がやってきたことと、とても近いと思います。洋服が人格を持っているように感じて。単なる「道具」ではないなと思います。 ーー「洋服に人格」ですか。 藤本さん:「carewillはこういう思想でやっているんだね」と本質が伝わるような洋服。「ブランディング」というよりも「自分たちの本質」であるってことが重要だと思います。 ーーcarewillの「本質」をしっかり伝えられるデザインが重要なんですね。 藤本さん:あとは「継続性」が重要ですね。もっというと、事業体そのものがデザインコンシャスであるかどうかということも問われるかもしれません。関わる人々が常にデザインを意識しているかどうか。 ーーcarewilの場合、デザインミーティングでは作り手とデザイナーと、ときには実際に着用する当事者の方が混ざり合って対話をしています。 藤本さん:そういう着想で始まっているところは他にないんじゃないですか。よく知っているわけではないですが、バランスがすごくいいと思います。 ーー良いと思うデザインと、求めるデザインの違いをすり合わせが重要ですよね。 藤本さん:そこは長嶋りかこさんが入ってくれていることで、ブランドの立ち位置がより明確になっていると思います。長嶋さんとは今回、すごくいいご縁ができました。それまで、一緒に仕事をしたことがなかったのですが、ぼくが一緒に何かやりたいとずっと思っていた方なので、お声掛けしたら快く引き受けてくれて、とても嬉しかったです。 ーーどうして長嶋さんと一緒に仕事がしたかったのでしょうか。 藤本さん:長嶋さんの作品は以前から注目していて、長い間「いいデザイナーだ」と思っていました。ただ、なかなか交差することはなかったんです。「他のグラフィックデザイナーとは違う魅力がある」と思って、ずっと"追跡調査"をしていましたよ(笑)。 ーー長嶋さんは、ひとつ情報をお伝えすると、100くらいの緻密な情報がたっぷり返ってくるようなイメージがあります。 藤本さん:長嶋さんは、本当に特別なレベルの方だと思いますね。 carewillはモノではなく、文化をつくる ーーcarewilは日本はもちろん、世界に羽ばたいていきたいという思いがあります。carewilは、社会に対してどのような役割を果たしていくべきでしょうか。 藤本さん:carewillの事業は、タイムリーだと思います。今は、過去にあった当たり前の価値観とは全然違う概念になってきています。「マイノリティには目を向けない」という人も減ったと思いますし、新たな文化として捉えてもらえるのではないでしょうか。そして、そんな文化をつくる役割があるのではないかと思います。 ーー「新たな文化」ですか。 藤本さん:僕がエルメスにいたころに思ったのは、エルメスは「ものをつくってるんじゃなくて文化を形成している」ということです。僕もいろいろ好きなことをやらせてもらいましたけど、芸術を介して、新たな次の価値感を得るというロジックを説明した時、OKが出た流れがありました。 ーー単にものをつくっているのではなく、「文化」というところまで広げられると、奥行きがあって、いいですね。 藤本さん:プラスアルファをやらないと、僕はあまり魅力を感じないんです。せっかくこういう事業を立ち上げたのだから、もっと広がりのある価値観を表明できたらいいですよね。 ーー「広がりのある価値観」とは、どういったものですか? 藤本さん:例えばエルメスはもともとは馬具のハーネスメーカーですが、今では創業時のマインドはそのままに、顧客の要望に応えて、かなり広がりのある製品をつくっています。ケア衣料のノウハウを通じて、どんなことができるのかというところまで、しっかり見つめられるかどうかが大切だと思います。 ーーなるほど。carewilを通じて、社会に顕在化していない価値観を発見したり問題提起していくということですね。本日は貴重なお話をありがとうございました。 --------------------------------------------------------------------- 藤本幸三さんのお話をうかがい、carewillのケア衣料で「文化をつくる」という意識を強く持つようになりました。洋服をつくって終わりではなく、洋服から何を生むのか。そこをもっと追求していきたいと思います。 carewill参画メンバーのインタビュー企画は続きます。次回もお楽しみに。
「人格」を持った洋服で「文化」を作る。carewillコーポレートアドバイザー藤本幸三氏インタビュー

ケア衣料が「想い」を伝える重要性とは?carewillコーポレートアドバイザー藤本幸三氏インタビュー

さまざまなメンバーに参画していただいているケア衣料ブランドcarewillの、参画メンバーの想いを詳しくお伝えする取材シリーズ、今回はcarewillにコーポレートアドバイザー、アーティスティック・ダイレクターとして携わっていただいている藤本幸三さんにお話を伺いました。 前編は、carewillに携わるきっかけや、よいデザインについてのお話です。 藤本 幸三氏 carewill コーポレート・アドバイザー/アーティスティック・ダイレクター 2001年〜2013年エルメスジャポン株式会社コミュニケーション・CRM担当執行役員 アーティスティック・ダイレクター 2013年〜2016年株式会社アニエス・ベージャパン代表取締役社長 2016〜ジンズ・ホールディングス顧問 「想い」を継続して伝える重要性 ーー藤本さんとcarewilの代表である笈沼はもともとJINSで一緒にお仕事をされていましたね。 藤本さん:笈沼さんは事業を推進するに当たって必要な方法を的確にビジュアライズできるという、類い稀なタイプの経営者だと思います。僕はオーガニックに進める全く逆のタイプなので……(笑)。 ーーcarewillがTOKYO STARTUP GATEWAY2019に出る前からいろいろと相談させていただいていたと伺っています。起業するという話を聞いて、どのように思いましたか。 藤本さん:特に大きなサプライズではなかったですね。「笈沼さんだったらできるだろうな」って確信していました。笈沼さんの「センスの良さ」は、JINSでご一緒したときから感じていましたので。 ーー藤本さんがcarewillに携わりたいと思ったきっかけには、やはり「衣服に関することだから」という要素はあったのでしょうか。 藤本さん:特に「衣服に関することだから」というこだわりはなかったですね。たしかに、ファッションインダストリーのキャリアは長く、自分の奥底でずっと続いている興味として「衣服」があることには間違いありません。ただ、僕は「デザイナー」ではありませんし、衣服というよりカルチャーとしてのライフスタイル全体に興味があります。 ーーcarewillに携わるうえで、楽しみにしているポイントはありますか。 藤本さん:笈沼さんとご一緒できて「文化と成長」を目標に日々変化していく過程を目撃できる点は、とても楽しみですね。「経営者がゼロから起業する」という場を見る機会は、それほど多くありませんので。笈沼さんがどのように導いていくのか期待しています。 ーーなるほど。藤本さんは、どういった基準で携わるお仕事を決めていらっしゃるのでしょうか。 藤本さん:クライアントのヴィジョン、エモーション、相性、人柄。そういう部分を総合的に確認して決めます。自分は経営に興味があるわけではなく、むしろ「経営者とどんな化学反応が起こるのか」を大切にしています。常に消費者目線で「どう感じるか」を大切にしています。「どういう動機で物事を進めていくのか」というところに最も関心があるんです。 ーー藤本さんは過去のインタビューを拝見しても「数字」よりも「本質」を重視している印象があります。 藤本さん:「大半の企業は数字だけ求めていく」姿勢ですが、carewillの事業はそもそも「想い」から始まり、本物の想いは必ず伝わると思っています。 ーーcarewillの想いが「伝わる」と感じた要因は何でしょうか。 藤本さん:端的に言うと、笈沼さんに「本物の想い」があるからですね。笈沼さんは想いを伝えるということに対しても、「丁寧に表現しているな」と思いますね。 ーー「想い」が伝わるかが、重要なんですね。 藤本さん:経営者の信念がどこまでソリッドに継続できるかが大事です。思いとヴィジョンが新鮮な今、carewillをどうやって導いていくかという部分。そこを応援したいと強く思っています。 エルメスで学んだ「エスプリ」 ーー藤本さんはエルメスジャポン株式会社にて、日本におけるエルメスのイメージ管理、コミュニケーション活動などを統括していました。エルメスの本質とはどんなものなのでしょうか? 藤本さん:初代エルメスはもともと馬具づくりの職人でした。ハーネス職人だった、エルメスの初代が作り出すものは、人が楽になるのではなく、喋ることができない馬が快適で怪我をさせない事を重要視していました。 ※ハーネス:馬をしっかりとらえたり、コントロールするための、ハミや手綱など。 ーー馬が楽になるための馬具……。そこにエルメスの本質があるんですね。 藤本さん:「本質につながる流れがある」ということです。ものをつくるカテゴリーが広がっていっても、エルメスは一貫して「本質」のあるものをつくり続けています。 ーー馬具をつくっていた時代と同じように、今でもものづくりに向き合い続けているわけですね。 藤本さん:エルメスはライセンスビジネスを一度もやっておらず、エスプリを感じない、日本の市場にあわせただけのものは提供しないのです。だからこそ、今でもエルメスはリスペクトを受け続けているのです。エルメスのエスプリは、今でも自分の中で生き続けていますね。 ーービジネスを行う以上、どうしても数字を追ってしまいたくなりますよね。 藤本さん:ライセンスビジネスって麻薬みたいなもので、何もしなくてもお金が入るという集金メカニズムが先行してしまいがちです。有名メゾンでは、過去にライセンスビジネスで安易にセールスは伸びたものの、メゾンのイメージが崩壊し、身売り企業が後を断ちませんでした。 ーーたしかに、それはエルメスとは真逆ですね。 藤本さん:エルメスの「馬具」って、今でもしっかり製造販売されているんですよ。たぶん採算が全然合わないように思うんですよね。プロのライダーとか、特定の人しか乗らないわけじゃないですか。でもそれを今でも続けているというのは、原点を忘れてはいけないと思っているからです。 ※エルメスの馬具はオンラインショッピングでも購入可能 https://www.hermes.com/jp/ja/category/equestrian/#||%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC ーーエルメスがまだ馬具を取り扱っているって、知らない方も多そうです。 藤本さん:しかも、エルメスは馬具をちゃんと進化させているんですよ。そこまで高価ではないですし。あれだけ手間暇かけてこの価格かと思うと凄いことです。最高に美しい鞍に道具として跨ることができるのですから。 ケア衣料が目指す「よいデザイン」とは ーーこれまで、ケア衣料に分類される衣料のデザインに意識を向けたことはありましたか。 藤本さん:すごく強い意識を持っていたわけではありませんが、昨年、電車を乗り換える際に転倒し、洋服に不便さを感じるようになりました。 ーーえっ、そうだったんですか! 藤本さん:ただ、何かを「改善しないといけない」と考えたことはありませんでした。でも洋服は好きなので「できる限り洒落ていたい」という願望はある。怪我をしたときは、ギブスをしたまま出かけるということが日常茶飯事でしたし。 ーーそういった体験をされて、ケア衣料の必要性に関して、どのように感じていらっしゃいますか。 藤本さん:みんなにとってよいケア衣料が実現できると、きっと「幸せ」を感じる人は多いだろうと思います。要望をお持ちの方によってカスタマイズしたいところは異なるなか、みんなによいケア衣料をつくるのはなかなか難しいことではありますが、是非実現させたいですね。 ーー症例は一人ひとり違いますからね。 藤本さん:要望は症例によって幅広くあると思うので、それをすべてカバーするのは、とても難しいことだと思います。ポピュラーな要望の解決方法で、美しく機能的なものが提案できれば、需要があると思います。 ーーケア衣料に対するポピュラーな要望を、デザインが解決できると分かれば、影響は大きそうですね。 藤本さん:洋服って「デザイン」という概念とはまた少し違う気がするんです。洋服のデザインは、基本的には「移ろうもの」なので。ただ、ケア衣料が必要とされている方々に支持されるようになれば、洋服が「デザイン」として取扱われる対象になるかもしれません。 ーー洋服である「ケア衣料」が、デザインとして取扱われるようになるためには、何が大切でしょうか。 藤本さん:ケア衣料という「デザイン」を提案する意識が大切だと思います。笈沼さんには、その意識がしっかりあると思いますよ。 ーーなるほど。藤本さんが考える「よいデザイン」って、どんなものなのでしょうか。 藤本さん:とても大きなテーマですね。どこから触れたらいいか、わからないですけど……。たとえば、グッドデザイン賞には私も関わっていて、審査員もやらせてもらっています。そこでは時を超えて「アーカイブ化」されるようなものという基準で選択します。 ーー「アーカイブ化」されるようなもの、ですか。 藤本さん:たとえば100年前につくられたもので、今でも評価が続くもの。長く流通し続けるものというのは、他にはない革新的なものであることが必要です。そんな「志」を持って、ケア衣料をつくることが大切だと思います。 --------------------------------------------------------------------- 藤本幸三さんのお話をうかがい、信念を持ってケア衣料の開発に取り組むことで、ケア衣料を通じて、carewillの想いが伝わるようにしたいと改めて思いました。 藤本幸三さんのインタビューは、次回に続きます。
ケア衣料が「想い」を伝える重要性とは?carewillコーポレートアドバイザー藤本幸三氏インタビュー