Staff notes

A little new idea that I noticed while snuggling up to the inconvenience of clothes. Then, the staff of carewill will spell out specific surveys and details of their efforts every day.

#kangoshi

初めまして。carewill新広報担当のまるです。

みなさまはじめまして。 いっちーさんから引き継ぎ、新しくcarewillの広報担当になりました、市丸奈津美と申します。周りからは、「まるちゃん!」と呼ばれているので、それで覚えていただけると嬉しいです。 市丸の「まる」なのですが、見た目も丸いので、リアルに会う方には見た目からのあだ名だとよく間違われます。SNSに出すプロフィール写真はだいたい厳選した写真がでているので、実際はみなさまの想像よりまるいし、小さいです(身長150cm)。 今日は初めてのnoteなので、何を書こうか迷ったのですが、私の自己紹介をさせてください。 生まれ育ちは佐賀県唐津市 私は佐賀県の唐津市という、海に面した田舎町の出身です。小さい頃から、素潜りをしたり、カヤックをしたり、海遊びばかりをして育ちました。少し大きくなってからはサーフィンやダイビングにもはまり、完全に海っこです。やんちゃな家族や友人の中で育ちましたが、なぜかちゃんと大学に行こうとずっと思っており、物理的に一番近い大学、九州大学の医学部保健学科看護学専攻へと入学しました。 夢のキャンパスライフとは程遠い看護学生時代 高校生までは「大学生になる」ことを目標とし、必死で勉強し、厳しい受験を乗り越えて、大学生の切符を手に入れました。 私が想像していたのは、オレンジデイズのような、きゃぴきゃぴわいわいなキャンパスライフだったのですが、看護学科はそんな生活とは程遠い4年間でした、、 他学部は2年かけて履修する教養科目を、看護学科だけでは1年で履修せねばならず、授業つめつめの1年生。 他学部とは異なる、大学病院附属の薄汚い校舎に移動し、週24コマ、座学を詰め込まれた2年生。 大学病院や、地域の病院、保健所etc...あらゆるところに実習に出され、寝る間も惜しんでレポートを書いた3年生。 卒業研究と国家試験(看護師と保健師のダブル受験)の勉強に追われた4年生。 なんだかよくわからんままに4年間があっという間に終わりました。あああ、私の夢のキャンパスライフは何処へ、、 看護師にならなかった社会人生活 こんなに苦労をして取得した、看護師と保健師の免許。しかし、私は看護師にはなりませんでした。それにはたくさんの理由があります。苦しい葛藤と、親の反対、大学の先生とのバトル、たくさんのドラマがありましたが、その中の一つの理由に、「自分の人間としての未熟さを感じ、看護師にはなれないと思った」が挙げられます。 患者さんへの「受容と共感」が求められる看護の世界。私は実習でたくさんの患者さんと関わる中で、薄っぺらい受容と共感しかできませんでした。 看護師は、患者さんの体やメンタルの状態、患っている病気への想い、これからの治療の方針や、病気と一緒に生きていく中で何を大切にしたいか、などなどたくさんの情報を収集して、それに応じたコミュニケーションをとっていかなければなりません。 患者さんからそんな話を聞いている中で、二十歳そこそこだった私は、「へぇ〜そうなんですね。辛いですね。」というぺらっぺらな言葉しかかけられなかったのです。会話をしながら、患者さんに申し訳なくて、そんな自分は看護師にはなれないなと思いました。そしてそれは何故かと考えた時、自分には人生経験が足りないことに気づきました。 例えば、仕事中心で生きてきたのに、急に病気で仕事ができなくなった。という患者さん。その大切にしてきたことを尊重して、話をしたり、治療方針を考えないといけないけど、一度も社会に出たことがない私には想像もつきませんでした。 その時、「あ、私はまだまだ未熟だから看護師になれない。なるのであれば、もっと人生経験を積んで、あらゆる患者さんに心から寄り添えるようになったら看護師になろう」と決めました。 一般就職して3社を経験 大学4年生のときに、看護師にならないと決め、一般就職するために就活をはじめました。しかし、実習に追われていた私が就活を意識したときには、すでにみんな就活を終えている時期で そんな私を拾ってくれたのが「ケンコーコム」という医薬品を扱うECの会社でした。詳細は省略しますが、ここで死ぬほど鍛えられ、当時私を育ててくれた上司が代表の笈沼でした。 その後、リクルートキャリアへ転職し、社会人の青春を謳歌。3年勤めたあと、WeWorkへ転職し、アメリカ発のシェアオフィス、福岡拠点立ち上げを経験。2年半勤め、フリーランスとして独立し、現在にいたります。 誰かに寄り添える人になるために 現在はフリーランスとして、carewillを始め、複数社でデザイナーや広報、プロジェクトマネージャーなどの役割を担っています。 今は「何をやっているの?」と聞かれると、「なんでも屋!」としか言いようがないので、自身のブランディングはこれから頑張っていこうと思っています。 この先の人生、看護師になるかどうかはまだわかりませんが、たくさんの経験をして、あらゆる人に共感できる力を身につけ、困っている人や悩んでる人に寄り添える人になることが私の目標です。 これからどんどん私からcarewillのことを発信できればと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。
初めまして。carewill新広報担当のまるです。

看護実習服のリメイク

ごきげんさまです。ごきげんさまです。carewillMonday坪田です。 いや、Mondayからはみ出て、carewill Thursday二代目の坪田です。 今日は、洋服の可能性に関して考えさせてもらったニュースをご紹介させて頂きます。 倉敷中央病院の新人ナース玉崎葵さんが、岡山大学医学部保健学科の学生時代の実習服をリメイクして、消毒のためのアルコールポシェットなどを作成しました。 看護実習服を消毒液ポシェットに 倉敷中央病院の玉崎さんリメーク:山陽新聞デジタル|さんデジ  倉敷中央病院(倉敷市美和)で今春から看護師として働く玉崎葵さん(22)が、大学時代の実習で着るはずだった看護実習服をリメwww.sanyonews.jp 倉敷中央病院(倉敷市美和)で今春から看護師として働く玉崎葵さん(22)が、大学時代の実習で着るはずだった看護実習服をリメークし、アルコール消毒液の携帯用ポシェットを作った。新型コロナウイルス禍で実習がオンライン化された影響で、袖を通さないまま卒業した実習服が複数あったことから考案。実際に現場で活用している。 新型コロナウイルスの関係で、臨床実習が出来なくて着る機会がなかった看護実習服に新しい命を吹き込んでリメイクされました。 玉崎さんがすごいのは、創ろうと着想をしてからの作成までのプロセスです。まず制作物を決めるのにエビデンスを求めました。きっと恩師や同級生・先輩に協力してもらったのだと思うのですが、岡山大学病院に勤務する130人から医療現場でのニーズ調査を行って制作物を2つに絞りました。 尚且つ、実習服を販売していた白衣メーカー大手のナガイレーベンに連絡をとって、やり取りを重ねて作成しました。 ただ単に作成したわけではなく、費用面でも安くするなど、使いまわせるような形で作成しました。現在、市販はされていないということですが、自分自身のネットワークで使ってもらっています。そして使ってもらった上で、利用者ヒアリングも実施していて好評具合を判断しています。 ケア衣料は、まだまだ新しい概念で試行錯誤して作成していっています。 実際に、私たちも100名を超える看護師からアンケート調査を実施してきましたし、現在は、ユーザー及び医療介護従事者の方々からアンケートサーベイを実施しています。 ユーザーサーベイ 服の不自由とケア衣料に関するサーベイにご協力ください 上半身の傷病に伴い服の着脱に不自由を抱えている方を対象 ・傷病 全体: 片麻痺、関節リウマチ 肩: 四十肩・五十肩、肩関節周囲炎、腱板断裂・損傷、石灰沈着性腱板炎、頚腕症候群、肩脱臼 腕・首: 上腕、肘、手首、鎖骨の骨折 服の不自由とリハビリ専用シャツに関して 株式会ケアウィルでは、服の不自由とリハビリ専用シャツに関する調査を行っています。 現在、傷病を患い服に不自由を感じられてforms.gle 医療・介護従事者サーベイ 服の不自由とケア衣料に関するサーベイにご協力ください 看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士の方を対象としたサーベイ 服の不自由とリハビリ専用シャツに関して 株式会ケアウィルでは、服の不自由とリハビリ専用シャツに関する調査を行っています。 現在、傷病を患い服に不自由を感じられてforms.gle 同じ看護師として、この玉崎さんの活動は、いろいろと共感させて頂くことが多々ありました。 新型コロナウイルスが落ち着いたら会いに行きたいな ちなみに表紙の写真は、確か聖路加国際大学の看護実習服です。看護学生時代に日本看護学生会という団体で、看護実習服の展示会というイベントを実施した時の写真です。