Staff notes

A little new idea that I noticed while snuggling up to the inconvenience of clothes. Then, the staff of carewill will spell out specific surveys and details of their efforts every day.

#start-up

#035 切迫性か、なるほどそうかも

おはようございます。代表の笈沼です。 先日、ある方とお話ししていた時「どうしてケアウィルの事業に参画してくれたのか」というケアウィルのメンバーからの問いに「事業に切迫性を感じたから」と、その方は端的に答えてくださいました。 ただ、最初、僕はこの「事業」と「切迫性」という言葉が結びつかず。その後、その方の話をうかがいながら「なるほど」と半分腹落ちし、数日経ってから納得感が生まれ、最後にはこの「切迫性」という言葉が好きになりました。 さて急に話は変わりますが、今日は母の誕生日。 ケアウィルは、約1年半前、僕と母によって創業されました。 みんなの入院着。生きる意欲を高める、デザインと機能性を兼ねそなえた入院着・病衣・患者着。 みんなの入院着。あらたな入院 介護 パジャマ 病衣。介護の日々でも自分らしさを装い、人と会いたくなるような良質なデザインと xn--y5qu63gelv.com 今でも、オーダーメイドの事業では、母が服をデザインし、パターンメイキングし、縫製をします。一方で僕は、オーダーを受けた後に、お客様とやりとりし、仕様を7~8割がた固め、母のアイディアをもとにデザインを最終決定し、母と生地選びを行い、その後の服作りは母に任せ、出来上がった服をお客様へお届けします。そんな、仕事の進め方と親子の役割分担です。 誕生日は喜ばしい日なのですが、母の誕生日が来るたびに、急がないと、急がないと、と、僕の人生における「切迫性」は高まります。 なぜかと言えば、一昨年に父の告別式のご挨拶で一番最後に僕が述べたこと、その想いが2年以上経ってもずっと変わらないからです。 「母には、父のために今まで多くの時間を注いできた分、また、父が早く亡くなった分、長生きをしてもらって、もっともっと自由にこれからの人生を過ごして欲しいなと思っています。なので、父と同様に母に対してもご厚情賜りますよう、どうかよろしくお願いいたします。」 ただ、シンプルにこれだけ。 公私混同で本当にごめんなさい。母のオーダーメイドの継続も、高齢縫製者の雇用の実現も、それが事業になろうがなるまいが、誰から何と言われようが、僕はやり遂げないといけないのです。社会的大義とともに、今、母が元気なうちに少しでもカタチを残さないと、僕自身が後悔することになってしまう。そういう単純で至って公私混同な切迫性が僕にはあるのです。 あとは、僕が一人っ子だからということもあるかもしれません。僕には奥さんもいるし、家庭もあるし、義父さん・義母さんもいるから、実際はそんなことはないのですが、自分が一人残されてしまうのではないか、そんな不安のようなものも、その切迫性の下の方に幼少期から染みついた一人っ子ならではの潜在的な心理としてあるのかなと思います。 「不安」と言う点では、父を亡くした後に今でも「絡まったままの思い」があります。父の介護・看取りにおける後悔、父の日々を見ながら沸いた義憤、父の死後に心にぽっかりあいた穴、その真逆にある安堵感、こういった絡まった感情を自分の中で解きほぐしていくために、また、僕の人生における父の死の意味を見つけるために、走り続けていないと不安なんです。これは本能的なもの。 そう、振り返ると、過去の自分のキャリアも切迫性がある任務ばかりでした。偶然かもしれないけど、ボス達も、私を「切迫性」の中でパフォーマンスを出すというか、何かそういう人間だと見抜いていたのかもしれません。 2011年、突然、常務に呼ばれ、日興・SMBC・大和証券SMBCの投資銀行部門の統合プロジェクトになぜか放り込まれたり、その後、楽天に入社したと思ったら、2013年、楽天の買収先で2期連続赤字、監査法人から継続疑義が出たケンコーコムの立て直しに従事したり、JINSでは、創業来初めて増収増益が止まった2014年の翌年にお声がけいただき、コンタクトレンズ事業、フィリピン進出といった新規事業の立ち上げや経営管理基盤を再構築を行ったり、KDDIは、2017年12月の楽天ショック(楽天の通信業参入)の最中に採用され、入社後に2018年8月 菅ショック(菅官房長官による通信料4割値下げ)があり、非通信事業のEコマースの強化に取り組んだり。 とにかく「切迫性」がある環境と任務ばかりでした。お陰様で、年齢不相応の多くの経験をさせていただきました。 ただ、今回の僕の挑戦はそれとは大きく違います。今の僕にはボスがいません。誰かからの評価とか給与とか分かりやすいインセンティブも無いし、そんなもの、いらない。ただ、自分がやらないといけないと信じるからやっている。それを求めてくださる方々、応援して下さる方々がいるからやっている。後悔したくないからやっている。自分で意思決定をする、実行する、自分で自分を評価する。 決められた任期もありません。役員任期も雇用契約の期間の定めもない。20年後、30年後の未来を妄想して事業をしているので、ゴールはかなり遠い。そしてそのゴールさえ、ケアウィルが成長するにつれて変わっていくかもしれない。誰もやったことがないことだから、その先の答えがない。だから終わりがない。 ••と、やはり「切迫性」が言葉に出ていますね(笑) でも、日々は至って健康で、そして、不思議と単調です。サラリーマン時代より睡眠時間はしっかりとれていて、健康状態も良い。朝6時から仕事を始めて17時にはクローズ。一日を内省する、明日の行動計画を立てる、21時には寝る。日々、その繰り返し。 なんと表現すれば良いのか難しいのですが、サラリーマン時代の仕事に流されていく感覚、小さな期日が近づいできた時の焦燥感はなくなり、今は自由度があるがゆえに、自分を駆り立てる、誰かのためにやらないとという思い、「おまえはそれをやり切らないと後悔するぞ」と自分へ問うてくるような、そういう、今までの自分の人生に出会ったことがない「切迫性」があります。 それでは、また!

#034 すべては400字から始まった

こんにちは、ケアウィル 代表の笈沼です。 火曜日の投稿は僕が担当。ちょうど本日、5月11日から東京都主催のビジネスコンテスト Tokyo Startup Gateway2021 のエントリーが始まりました。 TOKYO STARTUP GATEWAY 2021 | 東京発・400字から世界を変えるスタートアップコンテスト テクノロジーから、モノづくり、ソーシャルイノベーション、リアルビジネス、グローバルを見据えた起業など、分野を越えて tokyo-startup.jp 創業前から今にいたるまでを振り返る良いタイミングなので、今日は、Tokyo Startup Gateway(TSG)と僕との馴れ初めを書きます。 人生に大きな影響を与えてくれたTSG 今から2年前、もしTSG2019へ応募していなかったら、そして、幸運にもファイナリストに選ばれていなかったら、2019年9月の創業も現在のケアウィルもありません。TSGは、それくらい僕の人生に大きな影響を与えてくれました。 結果発表—TOKYO STARTUP GATEWAY 2019 コンテスト部門決勝大会 テクノロジーから、モノづくり、ソーシャルイノベーション、リアルビジネス、グローバルを見据えた起業など、分野を越えて tokyo-startup.jp (決勝大会の概要です) (オーディエンス賞をいただいた際に小池都知事と。当日の私のプレゼンはこちら) だから、挑戦へ向けて一歩踏み出す勇気をくれた東京都と運営するETIC. には、今でも僕はただただ感謝しかありません。西新宿(都庁) と渋谷神南(ETIC. 事務所) には足を向けて寝られません。 さて、このTSGへの応募は本当にちょっとしたことがきっかけでした。 僕はかなりのログ魔です。過去に残した写真やメッセージの記録を掘り返して、以下に時系列にまとめてみました! 2019年6月28日 15:15 @山手線 このポスターがTSGとの一番最初の出会いです。それまではTSGのことなんてまったく何も知らなかったのです。母の転居先から渋谷のKDDIのオフィスへ向かう山手線の車内。「400字でいいの?それって、まさにちょうど良いかも」と思わず撮った写真です。 2019年6月28日 19時ごろ @自宅 同日帰宅後、やっぱり気になって、あのポスターが頭から離れなくて、ウェブサイトにあるTSGの応募要項を読んで見ました。 そしたらなんと、、エントリー締切まであと7日しかないではないですか。。急いで”ある友人” に相談したところ、二つ返事で「面白そう!やろう。」となって僕は応募することを即決。そして400字の作成を開始しました。 さて、ここに書いてある「あの文章」とは何かというと、偶然にも、写真のポスターに出会う2ヶ月ぐらい前から僕はノートとパワポに大量の事業アイディアを書き溜め、事業計画のようなものを作り始めていました。 その時の「検討背景」の文章は1332文字、、思いがほとばしりすぎて超長文。。 以下はノートのメモを一部抜粋(黒塗り箇所は企業秘密) (すこし余談です。当時、よくここまで構想していたなと我ながら驚きます。目下、ケアウィルは「入院着」を主たるターゲットにしていませんが、ここに書いてあるビジネススキーム、ビジョン、市場規模や収支試算の多くは、今のケアウィルの事業戦略やブランド・ミッションステートメントの素地になっています。今思い返すと、当時、思考が止まらなくなっていたのです。毎日、毎日、会社に行く前の渋谷のスタバと、仕事の合間に、何枚も何枚もパワポを描いたり、ノートにペンを走らせていました。根拠は全くなかったけど「これって、自分の人生をかけてでも挑戦すべきことなんじゃないか。もしこのまま何もやらなかったら、後悔しか残らないんじゃないか。」そんな思いを抱きながら、今の思いと頭に思い浮かぶことをただただアウトプットしていたのです。) •••で、余談が長すぎました。すいません。 2019年5月16日 朝@たぶん渋谷のスタバ で、この1332文字をどうしたものかとあぐねた結果、「でも僕にはそもそも文才がないから、これ以上短くできない、、そうだ!プロに見てもらおう。」と、某ビジネス雑誌の編集者である友人へ相談しました。 •••そして、その相談をした翌月。山手線の車内でTSGのポスターに出会った、そんな不思議ないきさつだったのです。 2019年7月5日 16:13 @これもたぶん渋谷のスタバ TSGエントリー締め切りの2日前。その友人からのアドバイスをもとに「事業アイデアの概要」をざざっと書き上げました。その他の必要情報も含めてフォームへ入力し、応募を完了させました。 事業アイデアの概要 高齢患者の尊厳を守り、心を前向きにするデザイン・色・着心地を兼ね備えた「病衣」をネットで販売。介護を行う家族の負担を減らすため、地域の病院・施設、クリーニング業者と連携、低価格の病衣レンタルサービスへ進化させます。 私の父は認知症を患い今年1月に75歳の生涯を終えました。病院で与えられた「病衣」は無機質でまるで囚人服。原価、耐久性、介助者目線の機能が最優先され、「人に見せたい」「装って外へ出かけたい」という着用者の心を蔑ろにしていました。 一方、病衣を選ばざるを得ない現実も。服飾講師の母は2か月間、片道40分のバスを乗り継ぎ、父が好む袖とウェストを仕立て直した服を病室まで届けて回収し続けました。しかし、最期は体力が伴わず1日400円のレンタル病衣を依頼。長期入院で家族の経済的負担は増えます。 高齢化先進国の日本。高齢患者と家族の物心を豊かにする病衣と、家族のつながり、尊厳ある生活を“諦めさせない”サービスで、世界市場も開拓します。 この414字からすべてが始まったのです。今読み返しても、自分の真っ直ぐな思いが書かれています。ケアウィルがご提供する製品とサービスは、今は「入院着レンタル」からは更に進化していますが、2年経ってもここに書かれた思いとビジョンは何も変わっていません。 ちなみに、応募した後に事務局から送られてきた応募完了の通知メールは以下です。 ここにある通り、当時の所属はKDDIに勤めるサラリーマン。そして「一番初めに何で TOKYO STARTUP GATEWAY のことを知りましたか?」という質問への回答はもちろん「電車内ポスター」。これ選んだ人は少数派でしょうね(笑) そんなわけで、TSGへの応募はこんなふとしたきっかけでもあり、超リアリストな僕であっても運命的な何かを感じました。 TSGは、組織、物、資金、サービスなんて何もないアイディア段階においても、自分に強い想いさえあれば、東京都とETIC.、サポーター、そして応募者である仲間たちが、事業化を応援し、その具体化へ向けて伴走してくれるプログラムです。 自分の気持ちの中で何か引っかかること、どうしても諦めきれないこと、ワクワクが止まらないこと、泣きたいぐらい悔しかったこと、社会への義憤、それらが少しでもビジネスに関わるものであるなら、まずは、400文字にその思いを吐き出して応募してみることを僕は強くお勧めします。 それでは、また!
#034 すべては400字から始まった

#021 絡まったままの思い

こんにちは、代表の笈沼です。 前回の投稿から約2か月が空きました。 この間、僕の時間の配分をいよいよ大詰めを迎えた量産用の服作り(僕の母が行うオートクチュールではなく、所謂「プレタポルテ」です)に大半の時間を注いできました。同時に、note、twitterを通じた情報発信の一部を僕から他のプロジェクトメンバー(いっちーさん、坪田さん、浅井さん)へゆずり、私個人だけでなく「ケアウィル」として僕らが日々考えていること、取り組んでいることをお伝えしてきました。 現在、ケアウィルの事業に関わってくださっているパートナーや個人の方へのインタビューを行い、その記事作成も進めています。文章は全員素人が書いたものなのでつたないものかもしれませんが(笑)僕は今はそれで良いと思っています。それぞれが自分の言葉でケアウィルを伝えていくことが嘘が無く、等身大の表現だと思うからです。 僕自身も、今までは「僕個人」のキャラクターを知っていただくことを目的にnoteを書いてきましたが、今後は、事業のビジョンに対してもっと踏み込んだ話や「ケアウィル」の人格を僕の言葉で伝えていく記事の割合を増やしていきます。 さて今日は、創業して1年と8カ月が過ぎますが、今でもなぜ駆け抜け続けられているか、その根っこにある理由について触れたいと思います。それは、僕には立ち戻れる原体験と今も”絡まったまま” の親への思いがあるからです。 父の死後2年経ち、過去を振り返る気持ちの余裕もできてきたので、2019年1月8日の父の告別式での私の挨拶のボイスメモを書き起こしました。 ーーーーーーーーーーーー 親族を代表いたしましてご挨拶させていただきます。 本日は1月の正月明けと言うことで忙しい折、また、一部の方々は遠方よりご足労賜りまして誠にありがとうございます。父もこれだけ多くの方に見送っていただいて喜んでると思います。生前に多くのご厚情賜りましたことを故人に代わり御礼申し上げます。 父は、昨週1月2日の午後9時に亡くなりまして、アルツハイマーで約10ヵ月間入院しておりました。入院当初は自分で食事もできてものを噛んで飲んでということができたのですが、徐々にそれもできなくなって点滴に変わり、栄養剤を直接身体に入れることになり、最期の1ヶ月間で一気に衰弱が進み、亡くなりました。ただ、亡くなる時の顔というのはとても穏やかで、正直、私も母も、父の意識が無くなる中で延命治療を行うことが彼にとって望ましいことなのか迷いがありましたから、こうやって最期は安らかに一生を終えられたということは、彼は天寿を全うできたのだ思っています。 私ども家族は、父、母、私の3人です。正直に申し上げると、私と父との関係は果たして親子と言えるのか、なかなか言葉では言い表せないものでした。それは約30年来、父はある病気を患っておりましてその病気は父にとっても勿論大変なものでありましたが、家族にとってもいろいろと大変なこと、信じられないことが起こり、振り回されたり、そういう病気でした。だから、特に私が思春期から大学生の時期にかけては、父を親として受け入れることが難しく、時に感情的にぶつかったり、そういったことも多々ありました。 ただ、私が社会人になって5年経ったある時、父の病気が発症し、急に「本屋へ行きたい」と言って家を飛び出したことがありました。僕は、成田街道を足早に歩く父を後ろから追いかけまして、父は62歳でしたが、彼の背中を見たときにとても小さくなったな、歳をとったなということを初めて感じたんですね。そして、なぜかその時から、父の血が通っている子は僕しかいないのだから父を助けていこうと思い、僕にとっての手のかかる子供のような存在なのですが、むしろ親子が逆転するというか、そういう関係へ変わりました。 ただ今回、通夜、葬式の準備をするなか、私が生まれた頃からの父、母との写真がたくさん出てきまして。彼は、1944年の戦中に満州で生まれ、家族と日本へ帰国し、高度成長期を経て頑張って働いて僕と母を養ってくれました。小さい頃は旅行だったり多くの場所へ僕を遊びに連れて行ってくれた。たしかに愛情を注いでくれた思い出がそこにはありました。そして、大学まで教育を受けられるまで頑張って働いてくれました。それについては、一家の主として私は彼を敬い感謝しなければいけません。 今まで確かにいろいろありましたけど、表現は難しいですが、僕の中でも溜飲が下りたと言いますか。本当に今は純粋に父へ感謝しています。そして、最後に母が独り残されますが、母には、父のために今まで多くの時間を注いできた分、また、父が早く亡くなった分、長生きをしてもらって、もっともっと自由にこれからの人生を過ごして欲しいなと思っています。なので、父と同様に母に対してもご厚情賜りますよう、どうかよろしくお願いいたします。 以上で親族代表といたしまして、ご挨拶とさせていただきます。 ーーーーーーーーーーーー 当時の自分の思いがありのままに述べられていると思います、今ならすこし引いて客観的に読める。 この挨拶でも触れられているように、僕の原体験は決して綺麗なものでなく、年月も長く複雑なものでした。僕にとって父は、父でもあり子(それも、かなり手のかかる) でもありました。父が亡くなった直後は、”後悔”と、”溜飲が下りた” という真逆の感情が入り混じりました。しかし最後は、純粋な感謝の念が全てを包み込みました。ただ、その後今に至るまで感謝の念を父へ伝えられなかったことへの後悔は残っており、一方で、僕には父を支え続けた自負もあり、父もきっと僕を誇りに思っているはずだと考えるようにしています。 要するに、一言では決して表現できない幾つかの、そして、その一部は相反する思いが今でも僕の心の中で絡まっているのです。でも父はもういませんから、また、僕は一人っ子ですから一人で悶々と考えていてもしょうがない。となると、この気持ちを少しでも解きほぐしていくために何をすべきか。今時点での答えは、時間がかかるかもしれないけど、父の死とそれまでの経験が僕の人生へ問うている意味を行動によって見つけていこうというものです。 行動の対象は、自分ではなく他者。身近には母、家族、仲間、そして、同じ心境にいる方々をケアウィルの事業を通じて物心両面から豊かにすることができれば(僕は事業家なので) 、そして、人が死に向かう過程で生じる後悔と諦めを減らすことができれば、自分の気持ちのモヤっとした部分への視界も少しづつひらけてくるのではないか、そんな他力な思いもあって駆け抜けています。 少なくとも僕には、人の死、闘病、看護、介護、終末というテーマとそれに関わる感情を綺麗にシンプルな言葉で表現することはできないのです。まして今その渦中にいる方々に対しては、おこがましくてできない。心には両面がある。すでに前向きに受け入れられている部分と、まだ整理に時間を要する、時間へ解決を委ねる部分とが共存している。 そういった僕の心理もあるので、ケアウィルは、華やかな部分をより華やかにするアパレルではなく、人の不の部分に誠実に寄り添い、それをすこしづつ解消しながら当たり前の状態に近づけていく、そんなブランドでありたい。ゼロを10にするのではなく(それは持続しない) マイナスを少しでもゼロに近づけていく。その起点にはご本人の意思があり、ケアウィルと共に日々の自信と自分らしさを取り戻す、そして希望が徐々に育まれていく。そんなブランドでありたいと思っています。

#030 知らないことを聞ける勇気

こんにちは、代表の笈沼です。 創業してから19ヶ月がたちますが、当たり前のことではありますが、失敗することを厭わない、知らないことを知らないと言える、さらに、お馬鹿になって知らないことを人に聞ける勇気って大切だなとあらためて感じます。 恵まれたことに僕が過去に仕えた社長は全員そういう方々でした。だから理屈なく今そう思う。その勇気があるから、起業家は、最初は何も見えない状況でも行動によって一歩一歩答えに近づいていくことができます。 一方、過去のキャリアから両者を知る身としてあくまで私見ですが、、コンサル業やアドバイザー業は知ったふりしてピリッと賢い顔して、打ち合わせ終わった後に必死に知識インプットしてキャッチアップする仕事です(笑)  以前の投稿で触れたように、役割や組織のフェーズが変われば、求められるスタイルは変わります。今は、行動ありきで、物事を知った気にならず、お馬鹿になって多くの声に耳を傾け、起業家として成長していきたいと思います。