Staff notes

A little new idea that I noticed while snuggling up to the inconvenience of clothes. Then, the staff of carewill will spell out specific surveys and details of their efforts every day.

#tokyo mode gakuen

#046 東京モード学園さんとのその後

こんにちは、笈沼です。今日は東京モード学園さんとの打ち合わせがありました。 先日の講義のラップアップと今後の進め方を話し合ってきました! #038 東京モード学園で講義を行いました 今日は午後もバタバタなのでまた追って詳細をお伝えしていきます。 帰りのバス。 段ボールから溢れてしまいそうな学生の想いが詰まった課題とレポート(140名分!)、お貸ししたアームスリングケープのサンプル、そして実演で使った点滴の棒(笑) を隣の座席に置いて、自宅へ帰りました。 やはり人手足りない。。でも校舎と自宅が近くて奇跡。 それではまた! 
#046 東京モード学園さんとのその後

#044 ステークホルダーの皆様へ

こんにちは、笈沼です。 今月はかくかくしかじかで代表の僕みずからが広報担当ですので自由演技でございます。来月以降は強力な布陣で行きます。 さて「ステークホルダーの皆様」へのメールについて。 ケアウィルでは毎月、僕の過去のつながりと取引先など主に法人の関係者宛にメールとプレスリリースをお送りしています。今回は、僕が広報担当ですから久々にみずからで書きました。 創業1年間は、僕みずからがメールを書いていたのでそのころを思い出して書きました。これって、上場企業でいえばお客様や投資家、取引先含むステークホルダー宛のメールと同じですよね。書きながらむしろ楽しくなりました。 よく考えたらnoteでそのまま共有してよい内容じゃないか、と今さらながら気づきまして。 そんなわけで、いかにペタッと貼ります(今日はそれだけですいません) ------ ケアウィルを応援くださっている皆様 平素は大変お世話になります。株式会社ケアウィル・笈沼です。 今月だけ一時的に広報担当不在となりまして代表みずからが広報担当です(不手際ございましたらどうぞご遠慮なく叱ってください(笑)) さて3つニュースをご案内させてください。 ------------------------------------------------------------ 1.グッドデザイン賞を受賞しました 2.モード学園で授業を開始しました 3.クラファン終了まであと10日です ------------------------------------------------------------ ここから詳細です。 まず、公式SNSでは速報でお伝えいたしましたが、ち昨日、当社の「アームスリングケープ」がこのたび2021年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。 ▼ケア衣料ブランド ケアウィルの「アームスリングケープ」が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞 ケア衣料ブランド ケアウィルの「アームスリングケープ」が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞 株式会社ケアウィルのプレスリリース(2021年10月21日 10時07分)ケア衣料ブランド ケアウィルの[アームスリングケ prtimes.jp ※同内容のPDFも添付いたします。 2021.10.21 ケア衣料 ケアウィル PR.pdf 2903929 Bytesファイルダウンロード これは、当社アームスリングケープが、補助具である「三角巾」の機能を保持しながらもその装用にともなう不自由を服との一体化によって解消し、日常をポジティブに楽しむための新たな衣料品のデザインを生み出した結果、高く評価されたものです。 当社では今回の受賞を契機にアームスリングケープの販売拡大を図るとともに、製品・サービスのデザインを追求し、当社ミッションである「服の不自由の解消」を実現する新たな価値の創造に務めてまいります。 次に、「ケア衣料」の啓蒙およびデザインの多様性を広げるために東京モード学園と産学連携協定を締結し「ケア衣料」に関する講義を開始しました。 ▼note #038 東京モード学園で講義を行いました 最後に、クラウドファンディングが【あと10日】で終了です!皆様ぜひとも応援よろしくお願いいたします。 ▼「服の不自由を解決する」2つの新製品の量産化への挑戦 ▼note のクラウドファンディングについて ※10日前の投稿です、実際は【あと10日】です 今回のクラウドファンディングは服だけでなく寄付に近いリターンもご準備しています。2,500円、4,000円、6,000円の3つから選んでいただけます。 また、 幸いなことに「モノはいらない。ケアウィルの取り組みを純粋に応援したいから購入型ではなく寄付型がいい」という声も数名の経営者仲間から頂戴しました。たしかに寄付の方が節税対策には良いですよね。それについては別の機会を設けますのて今暫くお待ちください! 代表が書くと内容が盛りだくさんになってしまい一部の方にはうっとうしい文章かもしれませんが最後まで読んでくださりありがとうございます。 引き続き応援のほどどうぞよろしくお願いいたします。 -- 「なくしたい、服の不自由。」  株式会社ケアウィル / carewill, INC.  代表取締役 / CEO  笈沼 清紀 / Nori Oinuma  --  SNS:  tw @NoriOinuma / Fb @kiyonori oinuma / Lin @koinuma  Info:  プレスリリース  Makuake  ブランドサイト  note
#044 ステークホルダーの皆様へ

#038 東京モード学園で講義を行いました

こんにちは、代表の笈沼です。 皆さん、地震の影響は大丈夫でしたか?さてそんなタイミングでしたが、昨日、東京モード学園で講義を行いました。内容は「ケア衣料」に関するケーススタディです。140名の学生の皆さんはとても真剣に授業に臨んでいました。 ケアウィルは東京モード学園と産学連携協定を締結しています。「産学連携ケーススタディ」授業では学生の体験に重きをおいています。例えば「服の不自由体験」というセクションでは学生が三角巾をつけたり、おもりを腕につけて脱臼を体験したり、点滴をしている人、寝ている人に服を着せたりしました。 提出課題ではMakuakeのリターン品の1つである「アームスリングケープ」のリデザインに取り組んでもらいます。デザインは自由。ケアウィルの5つのミッションステートメントを満たしているかで評価されます。 ▼ケアウィルのミッションステートメント carewill_About_usabout-us.carewill.co.jp さらに上位のデザインに対してはケアウィルの公式SNS(Tw, Fb) で公開投票を行います。 それらの総合点で高い評価を得たデザインには、最優秀賞、クリエイティブ賞、インクルーシブ賞、SNS賞が授与されます。最優秀賞を受賞したデザインは当社がサンプルを製造し、某大手小売店(調整中) とケアウィルブランドサイトで販売を行います。マーケティングは当社が行い、売上はすべて学生にお渡しします。 140名の学生からの想像力溢れるアイディアを楽しみにしています。 そしてパネルディスカッションではパネラーとしてケアウィルのコーポレイトアドバイザー•藤本幸三さん、パタンナー•佐藤有紀子さん、リサーチディレクター•坪田康佑さんが参加し、ご自身の学生時代の話、今、何を学んで欲しいかなど学生の皆さんへ話していただきました。 ▼ インタビュー: 藤本幸三さん ▼スタッフノート: 坪田康佑さん ケアウィルでは引き続き教育、研究、販売におけるパートナリングを進めます。業種、業界を横断しながら皆と共に服づくりを行うことにより新たな価値を創出し、同時に、社会にある境界線をにじまることに挑戦します。 それでは皆様、良い週末を!
#038 東京モード学園で講義を行いました